2024年 4月

2024.4.28.     礼 拝

 

エステル記4:10‐17(P767)     「信仰は勝利の力」

 

エステル記には、「神」や「主」という言葉が全く書かれていません。しかし、神は、確かに働いておられたのです。エステルは、神を信じていました。だからこそ、困難の中でも行動することができたのです。私たちの信仰とは、一体どのようなものなのでしょうか。

1.神が必ず守ってくださる

この時、エステルの前には、①ユダヤ人を全滅させる勅書が出された。②王のもとへ行くためには、王が召し出す必要がある。という問題を抱えていました。これからの彼女の行動は、命がけだったのです。それができたのは、神の守りを信じていたからです。神は、私たちの考えを超えて働いてくださいます。このお方にいつも信頼していきましょう。

2.神がそこに置かれた

私たちの日常は、偶然の連続であると感じるかもしれません。しかし、私たちが偶然と感じるようなことも神の必然なのです。エステルがペルシアの王妃であったのも神の計画の一つでした。そして、神は、万事が益となるように共に働いてくださるのです〈ロマ8:28〉。今の状況を嘆くのではなく、神の計画に期待しましょう。

3.神が共に歩んでくださる

エステルは、自分自身の力だけで困難を解決しようとはしませんでした。何よりも神に頼ったのです。私たちは、状況を見る時に、進むことを躊躇してしまうことがあります。けれども、私たちは一人ではありません。私たちを助け、安心させてくださるお方が共にいるのです。神から離れることなく、いつも共に歩んでいきましょう。

神が一緒にいるならば、何が起こったとしても大丈夫です。神に対する信仰こそが問題解決の鍵なのです。神に信頼し、神と共に目の前にある壁を乗り越えていきましょう。

  •     28日(日)  9:30~ JFC  11:00~ 礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  誕生祈祷  14:00~ 2024年度召天者合同記念会
  •        1日(水)  祈祷会(13:30~  メ=濵崎師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します  グレイス祈祷会(20:00~21:00)

2024.4.21.     礼 拝

 

Ⅱテモテ2:19(P393)     「堅固な基礎」

 

テモテは、この時、大きな問題を抱えていました。「復活はもう起こった」という異なる教えが教会内に広まっていたからです〈18〉。そんな時、使徒パウロは、テモテに神が据えられた基礎を改めて確認させました。私たちは、今、どこに立っているのでしょうか。

1.神の愛の基礎の上に立つ

どのような状況の中にあっても「主は御自分の者たちを知っておられる」のです。この知るという言葉は、予想に基づくものではなく、確信に満ちたものなのです。問題が起こった時、私たちは、孤独を感じることがあります。しかし、主は、あなたを愛し、知ってくださるのです。神の愛に感謝し、いつも主を意識しましょう。

2.神の義の基礎の上に立つ

「主の名を呼ぶ者は皆、不義から身を引くべきである」と勧められています。不義から身を引くことは、主の基準に立つことなのです。私たちは、大切にしなければならないものを見失い、判断を躊躇してしまうことがあります。御言葉は、私たちを正しい方向へと導きます。周りのものに左右されるのではなく、神の義に立ちましょう。

3.堅固な基礎の上に立ち続ける

神の愛と神の義は、神が据えられた堅固な基礎です。私たちは、常に自分自身の足もとを確認し、堅固な基礎の上に立ち続ける必要があるのです。この基礎に立ち続ける時、私たちには、守りと導きがあり、どんな問題も解決することができるのです。不安を覚える時、自分自身が立っているところを確認し、主に全てを委ねましょう。

信仰生活の中では、様々な事柄が起こってきます。けれども、日々変わっていく状況に左右されるのではなく、堅固な基礎の上にしっかりと立ち続ける者となりましょう。

  •     21日(日)  9:30~ JFC  11:00~ 礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います) JFC教師会
  •     24日(水)  祈祷会(13:30~  メ=濵崎師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します  グレイス祈祷会(20:00~21:00)

2024.4.14.     礼 拝

 

申命記6:4-5(P291)     「聞け、イスラエルよ」

 

神を愛することは、最も重要な掟の一つです〈マコ12:28-31〉。このことは、私たちにとっても信仰の歩みの土台です。ただ、ある一時だけ実行すれば良いものではありません。「聞け、イスラエルよ」〈4〉と呼びかけられているように、いつも心に留める必要があるのです。

1.主は導き続けてくださる

主は、エジプトで苦しんでいたイスラエルの民たちに目を留め、解放されました。約束の地へと導いてくださったのです。しかし、彼らの歩みは、従順な歩みではありませんでした。それでも主は彼らを見捨てなかったのです。私たちのしたことで左右されず、どんな時にも導き続けてくださるのです。あなたの歩みは、主の導きの中にある歩みなのです。

2.主は良い物で満たしてくださる

約束の地は、乳と蜜の流れる土地と言われているように、素晴らしい所でした。様々なものが備えられていたのです。この時、イスラエルの民たちが持っているものは、何もありませんでした。けれども、彼らは、約束の地で備えられたものを受け取ることができるのです。主は、私たちの必要をご存じであり、日々良い物で満たしてくださいます。

3.主はどんな時にも守ってくださる

私たちの人生の歩みは、良いことばかりではありません。物事を諦めてしまうような事柄も当然のように起こるのです。しかし、私たちは、どんな時にも主の御手の中で守られています。主は、アブラハム、イサク、ヤコブに与えてくださった祝福の約束を覚え、実行してくださるのです。主と共にある時、私たちは、恐れる必要はありません。

主の恵みは、いつも変わらずに私たちに注がれ続けています。どのような時にも、唯一まことなる主を認め、主を愛する者となっていきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 178790総閲覧数:
  • 29今日の閲覧数:
  • 77昨日の閲覧数: