2023年 4月

2023.4.30.     礼 拝

 

ヨシュア記4:21-24(P345)     「神の御業の継承」

 

それは、地上のすべての民が主の御手の力強いことを知るためであり、また、あなたがたが常に、あなたたちの神、主を敬うためである。〈24〉

1.ヨルダン川を渡る

ヨシュアはイスラエルの民を率い、エリコへ入るためにヨルダン川を渡る必要がありました。人々へ「自分自身を聖別せよ。主は明日、あなたたちの中に驚くべきことを行なわれる」と伝えました〈3:5〉。

神様はヨシュアを立て、モーセと居たように、ヨシュアとも共にいると民に示されました。

2.記念の石

契約の箱を担いだ祭司たちが川の真ん中へ入ると、川がせき止められ干上がり、人々は歩いて渡りました。全員がヨルダン川を渡り終えると、その場所で記念に12個の石を拾いしるしとし、祭司が足を置いた場所にも12の石を置き記念としました。ヨシュアは神様の言われたことをすべて忠実に行いました。

主は人々の目の前で、ヨシュアを大いなる者とされました。

3.後世に伝える

記念の石をギルガルへ持って行き立てた時、ヨシュアは記念の石を置く意図を人々に伝えました〈21‐24〉。子どもたちがこの石は何を意味するのですか?と尋ねた時には、神様がどのようにイスラエルを導かれたのかを説明するためでした。

神様に従うこと、その御業によって今があることをヨシュアは後世の人々へ語り継ぐことを大切にしました。

お祈り 父なる神様、ヨシュアがイスラエルを率い、神様の御業を後世に伝えることを大切にしたように、私たちも御業を証しし、信仰を受け継ぐ者とならせてください。神様の御業はいつの時代もなると信じ、尊きイエス様の御名によってお祈りします。アーメン。

  •   30日(日)  9:30~ JFC  11:00~ 礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  誕生祈祷  14:00~ 召天者合同記念会
  •       3日(水)  祈祷会(13:30~ 19:30~  メ=濵崎師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します

2023.4.23.     礼 拝

 

ルカ18:35-43(P145)     「しがみつく信仰」

 

私たちは、「求めなさい。そうすれば、与えられる。」〈マタ7:7、ルカ11:9〉という御言葉をよく知っています。しかし、自分自身の力で頑張ったり、途中で求めることをやめたりすることもあるのです。私たちは、どのように求めていくべきなのでしょうか。

1.主に向かって求める

ある盲人は、イエス様が近くを通られていると聞き、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」〈38〉と叫びました。近くにいた誰かに聞いてほしかったのではなく、はっきりと「イエスよ」と求めたのです。私たちが求める時、主に向かって求めることが大切です。何よりもまず心を主に向けましょう。

2.周りから何と言われても求める

周りからの言葉は、私たちの気持ちを揺るがすものです。この時、彼は、人々に叱られ、黙るようにされてしまいました〈39a〉。イエス様は、そんな彼を呼ばれ「何をしてほしいのか。」〈41〉と語られたのです。主は、あなたの求めを聞いてくださいます。周りからの言葉に左右されるのではなく、それぞれの思いを素直に主に打ち明けましょう。

3.諦めずに求める

彼は、人々に止められた後も、諦めずにますます叫び続けました〈39b〉。私たちも状況を見て、諦めてしまうのではなく、求め続ける者となりたいのです。なぜなら、主は、私たちの求めを聞き、答えてくださるお方だからです。私たちが求めたり、思ったりすることすべてを、はるかに超えて働かれる主に期待しましょう。

私たちは、主にしがみつきたいのです。主は、私たちに目を留め、いつも変わることなく働いてくださいます。主に近づき、大いに期待をもって求め続けていきましょう。

  •   23日(日)  9:30~ JFC  11:00~ 礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  分かち合い  JFC教師会
  •     26日(水)  祈祷会(13:30~ 19:30~  メ=濵崎師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します

2023.4.16.     ウェルカム礼拝

 

ルカ19:1-10(P146)     「主イエスの目的」

 

聖書には、数多くの出来事が記録されていますが、偶然に起こったことは一つもありません。全ては、必然の出来事であり、目的がありました。主イエス・キリストと人々との出会いも同じです。このことは、今を生きている私たちにも関係しているのです。

1.捜すため

ザアカイは、徴税人の頭であり、金持ちでした〈2〉。同時に、失われたものでもありました。そこには、罪が関係しています。私たちは、罪のために、神から離れて生きる者となりました。失われたものを捜すのは、多大な労力が必要です。しかし、何があったとしても、イエス様は、見つけ出すまで捜し続けられるのです。

2.救うため

イエス様は、ザアカイを見つけた時、名前を呼び、「ぜひあなたの家に泊まりたい」〈5〉と語られました。それは、彼を救いへと導くためでした。イエス様の愛に触れ、喜んで迎えた時、彼の人生は大きく変わりました。救いは、何かをした見返りに与えられるものではありません。ただ一方的に与えられているものなのです。

3.共に歩むため

私たちの歩みは、救われて終わりではありません。信仰の歩みが始まっていくのです。ザアカイは、これまでの行いを悔い改め、主のために行動することを決心します〈8〉。この選択は、簡単にできるものではありません。けれども、私たちのそばには、いつも主が共にいてくださいます。そこには、なくなることのない喜びがあるのです。

「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである」〈10〉。今日、あなたもイエス様の愛を受け取り、喜びに満ちた新しい歩みを始めませんか。

月別のメッセージ

カレンダー

2023年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 178784総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 77昨日の閲覧数: