2020年2月 第446号 「もう泣かなくともよい」

イエスが町の門に近づかれると、ちょうど、ある母親の一人息子が死んで、棺が担ぎ出されるところだった。その母親はやもめであって、町の人が大勢そばに付き添っていた。主はこの母親を見て、憐れに思い、「もう泣かなくともよい」と言われた。(ルカによる福音書7章12-13節)

 

イエス様の恵みを体験し喜んでいる人々、イエス様の恵みを求めてついて行く人々、死者を葬るための葬列と出会う、ナインの町の情景は、この世の情景の縮図です。

イエス様は、一人息子が死んで悲しみのどん底にあるやもめの母親を見て、「憐れに思い=断腸の思い」をもたれました。彼女は夫に先立たれ、杖とも柱とも頼んでいた一人息子にも先立たれました。どんな気持ちであったか。

イエス様は、この母親の苦痛をわがことのように共感されて、「もう泣かなくともよい」と言われました。この言葉の意味は、「私があなたの悲しみの原因を取り除いてあげるから、もう泣くことはありませんよ」ということです。イエス様はあなたの涙の原因、涙の意味をすべてご存知であるだけでなく、それを解決してくださる愛と憐れみの方なのです。そして

イエス様は死者に触れると汚れると禁じられている律法(民19・11)をあえて越えて、棺に触れ、「若者よ、あなたに言う。起きなさい」と言われ、息子を生き返らせて母親にお返しになりました(同14-15節)。

イエス様は、私たち一人一人の罪を贖うため十字架に死んで葬られ、三日目に墓からよみがえられただけでなく、イエス様を信じる人を復活させ、永遠の命を与えてくださるのです。

月別のメッセージ

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 91750総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 101昨日の閲覧数: