「私の願い」

2023.1.1.     元旦礼拝

 

詩編27:4(P857)     「私の願い」

 

私たちの人生には、たくさんの願い事がありますが、『誰に』『何を願うのか』は、重要な事柄です。ダビデは、「ひとつのことを主に願い、それだけを求めよう。」と告白しました。ダビデが主なる神様に願い求めたこととは、一体何だったのでしょうか。

1.主を礼拝することを願った

この時のダビデの状況は、決して良いものではありませんでした。敵からの攻撃を受け、気が休まる時はほとんどなかったのです。その中で、彼が求めたのは、困難の解決ではなく、主との交わり(礼拝)でした。主は、どんな時でも喜びと新しい朝を与えてくださるからです。まず、主の御顔を尋ね求めていきましょう〈8〉。

2.主の助けを願った

困難の中でダビデは主に叫びました。「主はわたしの光、わたしの救い」〈1〉であり、何があっても見捨てることのないお方である〈10〉ことを知っていたからです。私たちもこの主に叫ぶ者となりたいのです。主は、今も生きて働いておられます。問題ばかりに目を留め、自分自身の力に頼るのではなく、主に助けを求めましょう。

3.主の導きを願った

これから先の歩みで何が起こるのかは、誰にも分かりません。だから、ダビデは、「主よ、あなたの道を示し 平らな道に導いてください」〈11〉と願ったのです。主に導かれて歩むことは、一人だけの歩みではありません。どんな時にも主が共にいて、救いと守りを体験しつつ歩むことができるのです。主にすがりつつ、一歩一歩進んでいきましょう。

ダビデは、主を信頼し続けました。その時、彼の願いは、確信へと変えられていったのです。新しい年も私たちは主を信頼し、主に願い求める者となりましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 141178総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 65昨日の閲覧数: