「祈りなさい」

2022.7.31.     礼 拝

 

コロサイ4:2(P372)     「祈りなさい」

 

使徒パウロは、コロサイの信徒たちに対して「祈りなさい」と勧めました。キリスト者として歩み続けていくためには、神の助けを求めることが必要であるからです。私たちも、自分自身のために、また、兄弟姉妹のために祈る者となりたいのです。

1.目を覚まして祈る

私たちを祈りの生活から遠ざけるものはたくさんあります。イエス様も弟子たちに「誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい」〈マタ26:41〉と語られました。このことは、不眠不休を意味しているのではありません。目を覚まして祈ることは、いつ、いかなる時にも、主を見上げ、主に立ち続けることなのです。

2.感謝をもって祈る

私たちは、自分自身を中心にして、願い事を祈るだけになってしまうことがあります。そして、期待通りの答えが得られないと、不平不満を訴えることもあるのです。しかし、主は、私たちの祈りを聞き、最善をなしてくださいます。主が私たちにしてくださったことを振り返ってみましょう。

3.ひたすら祈る

「ひたすら」と訳されている言葉には、「専念する」、「熱心になる」という意味もあります。私たちは、時として、祈りが後回しになってしまったり、祈り始めても諦めてしまったりすることがあります。けれども、どのような状況にあっても、主に祈り続けていきたいのです。あなたは、いつも祈る備えができていますか。

祈りを通して福音宣教の働きは前進してきました。それぞれの祈りが大切なのです。今日も私たちは、目を覚まして感謝を込め、ひたすら祈り続ける者となりましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 136613総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 97昨日の閲覧数: