礼拝のお話し

2022.11.27.     礼 拝

 

イザヤ書9:5(P1074)     「待ち望む」

 

クリスマスの出来事は、ある日突然起こったのではありません。イエス・キリストが誕生する700年以上も前からすでに預言されていたのです。この間、人々は、救い主の誕生を待ち望んでいました。待ち望むとは、一体どうすることなのでしょうか。

1.期待すること

主なる神様が預言者イザヤを通して語られたのは、暗闇とも思えるような困難な時代においてでした。何かに期待することもできない状況だったのです。しかし、主は、そんな彼らに大いなる光を見させてくださいました〈1〉。勝利の中を歩ませてくださるのです。期待は、私たちの力で手にするものではなく、主が与えてくださるのです。

2.委ねること

待つことは、私たちにとって忍耐が必要な事柄です。将来にどのようなことが起こるかが分からないからです。けれども、主の約束は、何があったとしても変わることがありません。「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」〈6〉のです。私たちの考えや思いでどうにかしようとするのではなく、主に全てを委ねていきましょう。

3.備えること

待ち望む期間は、何もしなくても良いのではありません。そこには、普段通りの生活があるのです。あなたは、いつも主を礼拝することができていますか。主は、私たちといつも出会ってくださいます。その中で喜びを与え、主の恵みに生きる者として整え続けてくださるのです。日々、主にあって喜びを受け取り、心を備える者となりましょう。

主は、私たちを待ち望む者とならせてくださいます。今年のクリスマスも主が素晴らしいことをしてくださることを大いに期待し、委ね、備えていきましょう。

2022.11.20.     礼 拝

 

使徒言行録9:10-19(P230)     「主が備えた出会い」

 

アナニアは、使徒パウロの信仰の歩みに大きな影響を与えた人物です。この出会いから宣教はますます広がっていったのです。ただ、普通であれば、相見(あいまみ)えることのない二人でした。そのような状況の中で、主は、アナニアをパウロのもとへ遣わし、用いられたのです。

1.御言葉によって

主は、アナニアの名前を呼ばれ、彼もすぐさま「主よ、ここにおります」〈10〉と応答しました。そして、彼がこれからするべきことをはっきりと示されたのです。私たちの行動の第一歩は、御言葉から始まります。あなたは、どんな時にも主の声を聞く備えができていますか。御言葉を聞き、立ち上がる力をいただきましょう。

2.聖霊によって

主がアナニアに委ねられた働きは、容易なことではありませんでした。パウロは、元々クリスチャンたちを迫害する者だったからです。恐れや不安など、様々な感情が頭の中を巡ったことでしょう。それでも、彼は、行動したのです。それは、聖霊の力によってです。聖霊は、私たちの背中を押し、困難をも乗り越えさせてくださいます。

3.主の計画によって

パウロのもとへ行くのは、誰でも良かったのではありません。忠実に神に従うアナニアが必要だったのです。主は、一人一人に計画を持っておられます。あなただからできる主の働きがあります。私にはできないと目を背けるのではなく、主に委ねて一歩を踏み出したいのです。それぞれのできることをもって主に仕える者となっていきましょう。

主は、私たちに出会いを備えてくださいます。今日もあなたのことを待っている人がいます。「行け」〈15〉という主の言葉に応答し、一歩を踏み出していきましょう。

2022.11.13.     礼 拝

 

創世記21:14-20(P29)     「子供の泣き声」

 

イシュマエルの人生は、イサクの誕生をきっかけに大きく変わりました。サラの一言によって、母ハガルと共に家から追放されることになったのです。その後、彼らは、荒れ野をさまよう中で神の愛を体験しました。神は子供の泣き声を聞かれるのです〈17〉。

1.叫びを聞いてくださる

荒れ野で水がなくなることは、死を意味することでした。だから、ハガルは「子供が死ぬのを見るのは忍びない」と一本の灌木の下に子供を寝かせ、離れて座ったのです〈15-16〉。ここで、神は子供の泣き声を聞かれたのです。私たちが辛い時や苦しい時、神に叫ぶ者となりたいのです。神はどんな叫びでも必ず受け止めてくださいます。

2.必要を満たしてくださる

神の御使いとハガルのやり取りの後、ハガルは、水のある井戸を見つけました〈19〉。神が彼女の目を開かれたからです。私たちは、問題が起こった時、周りが見えなくなってしまうことがあります。しかし、私たちの助けは、いつもそばにあります。それは、主なる神様にあるのです。神は、私たちの必要を満たし、力を与えてくださいます。

3.成長させてくださる

イシュマエルの人生には、再び希望が与えられました。神によって生かされ、成長することができたのです。また、この成長は、「神がその子と共におられた」ことによってなされていったのです〈20〉。神は、私たちの心も身体も成長させてくださいます。成長させてくださる神と共に日々を歩んでいきましょう。

神は、どんな時にも私たちと共にいて、守りと支えを与えてくださいます。このお方に信頼し、全てを委ねていきましょう。

2022.11.6.     ウェルカム礼拝

 

申命記7:6-15(P292)     「主の宝の民とされる」

 

聖書の中には、「選び」という言葉が何度も書かれています。主なる神様は、イスラエルの民たちを宝の民とするぐらいに特別な存在として選ばれました〈6〉。選びには、必ず理由があるものです。なぜ、たくさんいる人たちの中から彼らは選ばれたのでしょうか。

1.愛のゆえに選ばれた

世の中の選びの基準は、能力や見た目が中心です。しかし、主は、数も少なく、貧弱な民を選ばれたのです〈7〉。それは、主の愛のゆえでした。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちをまず愛してくださったのです〈Ⅰヨハ4:10〉。宝の民としての歩みは、主が無条件の愛を示されたことから始まりました。主の愛を覚え、主を愛していきましょう。

2.誓いのゆえに選ばれた

彼らの歩みは、主に喜ばれる歩みではありませんでした。誓いを破棄されても仕方がないと思われることばかりが起こり続けているのです。それでも、主は誓いを守ってくださいます。彼らを救い出し、前進させてくださっているのです〈8〉。主の御言葉は、必ず実現します。このお方こそ、信頼すべき神であると知りましょう。

3.主を愛し、契約を守る者を祝福される

主が宝の民に願っておられることは、主を愛し、戒めを守ることです〈9〉。ただ、このことは、私たちにとって難しいことであるとも言えます。けれども、主が私たちにまずお手本を示してくださいました。私たちがするべきことは、主の忠実さ、誠実さに応えていくことです。主の期待に応え、祝福を受け取りましょう。

私たちは、主なる神様にとって特別な存在であり、「宝の民」なのです。今日、あなたもこのことを喜び、主を愛する新しい一歩を踏み出してみませんか。

2022.10.30.     礼 拝

 

ヨナ書2:1-11(P1446)     「主と向き合う」

 

ヨナは、「ニネベに行け」という主の言葉に従わず、逃げ出しました。その後、嵐に遭い、海へほうり込まれることになっていくのです。主は、そんな彼でも見放すことはありませんでした。一対一の関係の中で立ち直らせてくださるのです。

1.主は祈る時を備えてくださる

逃げ続けていたヨナが辿り着いたのは、祈りの場でした。このことは、決して偶然ではありません。嵐に遭ったこと、海へほうり込まれたこと、巨大な魚に吞み込まれたことは、主の計画だったのです。全ては、彼を祈りへと導くためでした。主は、私たちと向き合ってくださいます。一歩踏み出して、自分の神に祈る者となりましょう。

2.主は叫びを聞き、答えてくださる

ヨナのこれまでの歩みは、主から離れていく人生でした。それは、苦しい人生でもありました。そんな時にこそ、私たちは主に叫びたいのです。自分勝手な行動のようにも思えるかもしれません。それでも、主は、私たちの叫びを聞き、答えてくださるのです。あれこれと考えるのではなく、あなたの素直な思いを主に叫びましょう。

3.主は再び前進させてくださる

魚の中にいた三日三晩の期間を通して、ヨナは、信仰を回復することができました。そして、主は、彼を再び陸地へと送り出したのです。立ち止まっている者の内に働き、再び前進させてくださるのです。それも、私たちにとって最も良い時に踏み出させてくださいます。祈りによって信仰が強められ、新しい一歩を踏み出していきましょう。

主と向き合ったことを通して、ヨナの信仰は救助されました。新しい力を受け取ることができたのです。今日も一人一人が主と向き合い、心からの祈りをささげていきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 136614総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 97昨日の閲覧数: