聖書のメッセージ

2022.7.3.     ウェルカム礼拝

 

ダニエル書10:19(P1398)     「神に愛されている人よ」

 

心が弱ってしまう時、様々なことに不安を感じる時というのは、私たちの人生の中で多分に起こり得ます。そんな時、私たちは主なる神様に目を向けていきたいのです。なぜなら、いつ、いかなる時にも主は働かれているからです。

1.見ていてくださる

恐れていない人に「恐れることはない」と語る必要はありません。この時のダニエルは、恐れの真っ只中にいました。主はそんな状況をよくご存じでした。だから、「恐れることはない」という言葉から改めて語り始めたのです。主は一人一人のことを見て、知っていてくださいます。あなたは、どんな時にも一人ではありません。

2.愛してくださる

「私は何者なのか」との問いかけに、あなたは何と答えるでしょうか。私たちが生きていく上において、この問いかけはとても大切なことです。聖書のみことばには、その答えがはっきりと書かれています。神に「愛されている者」なのです。神に愛されていることを自分自身のものとしてしっかりと受け取りましょう。

3.力づけてくださる

主の言葉からダニエルは変わりました。力なく弱ってしまっていたのが、再び前を見ることができるようになったのです。私たちの力だけでは限界があります。常に神に依り頼み、共に歩んでいくことが大切なのです。主はそばにいて、励まし続けてくださいます。このお方に信頼し、日々新しい力をいただきましょう。

どんな時にも恐れる必要はありません。あなたは、神に愛されています。この愛を受け取り、神と共にある新しい歩みを始めませんか。

起きよ、光を放て。あなたを照らす光は昇り/主の栄光はあなたの上に輝く。(イザヤ書60:1)

 

子どもの頃、両親や友人と一緒に廃線跡へハイキングに行ったことがあります。電車がとても好きだったので、線路などの設備はないものの残っている枕木などを見ながら楽しい気持ちで進んでいました。ただ、そんな中で一か所だけ、怖いと感じた場所がありました。それは、トンネルの中です。トンネルには照明がなく、中心部まで進んで行くと周りがあまり見えなくなるくらいに暗い場所であったからです。親に手を引いてもらいながら、ゆっくりとトンネルを進んでいったのですが、段々と外の光が見えてきた時に、すごく安心したことを今でも覚えています。

イザヤ書は、繰り返して「光」と「闇」という事柄について書かれています。ただ、このことは私たちの目に見えている状況だけを表している訳ではありません。私たちの人生は、時として、闇とも感じるような苦しい状況を通ることもあるのです。ユダヤ人たちは、様々なことが起こる中で、心も身体も疲れ切ってしまっていました。何もすることができず、眠ってしまっているような状態でもあったのです。そんな彼らに主なる神様は、「起きよ」と声をかけられたのです。そして、この言葉をきっかけにして彼らは再び立ち上がることができたのです。

私たちの人生の中で、力なく動けなくなってしまうことはよくあることです。そこから改めて動くためには、大きな力が必要であり、もう無理だと諦めている人が多くいるのが実際です。そんな私たちに主なる神様は、変わることなく励ましを与えてくださるのです。彼らが「起きよ」という言葉で立ち上がることができたように、私たちにもそれぞれの状況に応じて、神様は言葉を与え、立ち上がらせてくださいます。あなたも、聖書のみことばを読み、神様の言葉を聞きつつ、日々の生活を進んでいきませんか。

門真キリスト教会 主任牧師 濵崎 恵太

2022.6.26.     礼 拝

 

ヨナ書3章(P1447)     「行動に伴う」

 

神は彼らの業、彼らが悪の道を離れたことを御覧になり、思い直され、宣告した災いをくだすのをやめられた〈10〉。

1.歩きながら叫ぶヨナ

深い祈りの中で、「救いは、主にこそある」〈2:10〉と確信したヨナは、魚の腹から助け出されると神様の言葉に従い行動します。一度は逃げた敵国への預言を、直ちに行なったのです。彼は、大きな都ニネべへ行き、歩き回って叫び、神様の言葉を語りました。

ヨナは救われ変えられました。

2.断食して祈り求める人々

ニネべの人々は、ヨナの言葉が聞こえると神を信じ、互いに断食を呼びかけて悔い改めました〈5〉。この行動が王へ報告されると、王も同じよう粗布を身にまとい、全土に断食と不法から離れるように命じ、神様の憐れみに期待し祈りました。

聞いてすぐに行動することは良い手本です。

3.御覧になり赦された神

神様は「彼らの悪は私の前に届いている」〈1:2〉状態にあったニネべの悔い改めと懇願をみて、思い直されました。この赦しは、行動に伴ってなされたことです。私たちは神様が憐れみ深く、赦してくださるお方だと知っています。ヨナを救いチャンスを与えられた神様は、ニネべの人々を赦し救ってくださいました。

私たちも行動を伴って、信仰生活を歩みましょう。

天にいます父なる神様、今日、私たちは悔い改め行動した人々を赦された神様の憐れみを見ました。神様の深く広い愛を心に留め、素直に行動する者とならせてください。イエス様の御名によって祈ります。アーメン

2022.6.19.     礼 拝

 

ヨシュア記24:15(P378)     「主に仕える」

 

ヨシュアは、主に仕えることをイスラエルの民たちに勧めました。このことは、強制ではなく、それぞれが自発的に選ぶ必要があったのです。この時、選択と決断したのは、民たちだけではなく、ヨシュア自身もその一人でした。

1.恵みを思い起こす

ヨシュアの言葉は、イスラエルの歴史を振り返ることから始まりました。そこには、たくさんの主の恵みと憐れみが溢れていました。私たちが自分自身の力で手に入れたかのように感じるものも主はその背後にあって働かれているのです。主があなたに与えてくださった恵みを忘れることなく数えてみましょう〈詩103:2〉。

2.選び取る

私たちの周りには、魅力的に映るものがあります。イスラエルの民たちにとって異国の神々はそのような存在だったと言えます。ヨシュアは、その中でわたしは主に仕えるとはっきりと告白しました。大切なのは、周りの人々の状況や反応ではなく、私はどうするかなのです。主の恵みに応答する者となりましょう。

3.祝福を受け継ぐ

主に仕えるという選択は、祝福へと繋がっていきます。それは、彼だけではなく、彼の家全体、共同体全体にも広がっていったのです。ヨシュアの主に仕える姿勢が周りの人たちに影響を与えていくのです。これはあなたにも言えることです。あなたが受け取っている祝福をあなただけで終わらせるのではなく、次の人へと継承していきましょう。

私たちも「わたしとわたしの家は主に仕えます。」と告白したいのです。そして、私は誰に仕えるのかを確認していきましょう。今日も心を新たにして主に仕えていきましょう。

2022.6.5.     ペンテコステ礼拝

 

使徒言行録2:1-4(P214)     「聖霊のバプテスマ」

 

Ⅰ 教会とは

▽「十人十色」。色んな人たちが選ばれ、集められたキリスト信者共同体。

▽聖霊の力に満たされた「キリストの証人」の集まり〈使1:8〉。

Ⅱ 教会の誕生 〈使2:1‐4〉

▽ 五旬節(ペンテコステ)の日(イエス様の復活から50日目)、120人ほどの人々が、心を合わせ、一つになって熱心に祈っていた時〈使1:14、15〉。

▽ 突然、聖霊が注がれ、「一同聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに」異言を語り出した〈使2:1‐4〉。

Ⅲ 聖霊のバプテスマ

▽バプテゾー(ギリシャ語=浸す。漬ける。)

▽聖霊に満たされ、浸された体験的しるし(・・・)として異言を語る。(証し)。

1)約束(みことば)を信じる

「わたしは、父から約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい」〈ルカ24:49〉。〈ヨエル3:1‐5〉参照。

2)明け渡す

自分自身を全く主に委ねて、待ち望む。罪があれば悔い改める。

3)熱心に祈り求める

寝ても覚めても、四六時中、飢え渇いて、祈り求める。

さあ、あなたも飢え渇いて聖霊の充満を祈り求めて、聖霊にバプタイズされ、キリストの証人として出て行きましょう!

月別のメッセージ

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 129085総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 34昨日の閲覧数: