聖書のメッセージ

2020.4.5.       ウェルカム 礼 拝   

 

ヨハネ福音書18:1-11(P203)       「私である」

 

ゲツセマネのイエス 〈1〉

▽イエスは、弟子たちと共にキドロン(暗い)の谷の向こうのゲツセマネ(油しぼり)の園へ行かれた。そこはイエスが徹夜で祈られた所です(マタ26:36-39)。

▽イエスは、この後のご自分が捕えられ、裁かれ、十字架につけられることをすべてご存知の上で、父のみ心に最期まで従順されました〈4〉。

「へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした」〈フィリ2:8〉。私たちも主イエスに見習いみことばに従順しましょう。

 

「わたしである」 〈5〉

▽〈3〉イエスは、自分を裏切った弟子(イスカリオテのユダ)に導かれて、捕えに来た人たちに「だれを捜しているのか」と聞くと、彼らは「ナザレのイエス」と答えた。

▽〈5〉イエスは「私である」と答えられた。この語は「エゴー・エイミ」で、「私は有る」の二語です〈出エ3:14〉。イエスが神であることの威厳と力を示すことばです。

だから、それを聞いた「彼らは後ずさりして、地に倒れた」のです〈6〉。あなたが信じているイエスは、全知全能の力ある神であることを覚えましょう。

 

「この人々は去らせなさい」 〈8〉

▽イエスは、この期に及んでも弟子たちを愛された。「この世から父のもとへ移るご自分の時が来た事を悟り、世にいる弟子たちを、この上なく愛し抜かれた」〈13:1〉。

▽さらに、〈10〉ペトロが切り落とした大祭司の手下マルコスの右の耳をも癒された。イエスの愛は「敵をも、憎む者にも親切にする」愛です〈ルカ8:27〉。

イエスはあなたのためにも「聖なる父よ、私に与えてくださった御名によって彼らを守ってください」〈17:11〉と祈ってくださった。

イエスが、「マリア」と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ」と言った。「先生」という意味である。(ヨハネによる福音書20章16節)

 

イースターを心から感謝します。

週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアたちが、イエス様のご遺体に香油を塗るため墓に行きましたが、墓の入口を塞いでいた大きな石が取りのけられ、墓が空になっていました。

マリアが墓の外に立って泣いていると二人の天使が、イエスが復活されたと告げました(ルカ24・6-7)。

そして後ろを振り向くと、イエスが立っておられたが、その方がイエスだと分からなかったのです(ヨハ20・14)。

イエス様が聞きなれたやさしいお声で「マリア」と呼ばれると、マリアははっと気がついて「先生」と答えます。

 

イエス様の復活は四つの福音書のすべてに記録されています。イエス様の復活は、全能の神のみわざです。

まず、女の人の力では動かせない墓の入口を塞ぐ大きな石が地震によって取り除かれたこと(マタイ28・2)。そして、確かに葬ったはずのイエス様のご遺体が、くるんでいた白い布だけを残してなかったこと(ルカ24・3)。

さらに、何よりも、復活されたイエス様が最初に現れたのは、イエス様が選ばれた12弟子たちではなく、当時、ユダヤ社会では、立場の低い女性であったことは驚くべきことです。

イエス様はすべての人を愛してくださっていますが、特に弱い人、立場の低い人を愛してくださるお方です。

2020.3.29.       礼 拝   

 

ルツ記3:1-4(P424)       「アクティブな信仰」

 

ここまでのナオミはいつも受け身の姿勢でした。信仰的にも弱り果て、行動する力が残っていなかったのです。しかし、3章に入ると行動の仕掛人であり、自分から行動している姿を見ることができます。彼女をここまで変えたきっかけとは何だったのでしょうか。

 

1.ナオミは主に期待した

ナオミは様々な体験を通して主が全てのことの中に働いておられることを確信しました。そして、その歩みの中で主に期待したのです。時として主は私たちの期待していることとは違うことをされるかもしれません。けれども、常に私たちにとっての最も良いことをしてくださるのです。

 

2.ナオミはルツの幸せを願った

ルツの思いやりや愛に対してナオミ自身も応えようと立ち上がりました。それは、自分自身を愛するように、隣人を愛した行動でした。愛はキャッチボールのようなものであると言うことができます。決して一方通行のものではありません。愛を受けたからこそ、愛することができるのです。

 

3.ナオミは主に委ね、行動した

アクティブという言葉には、活動的や積極的という意味を持っています。この時のナオミの行動はまさにアクティブなものでした。私たちは様々なことを考え、行動することを躊躇してしまうことがあります。そんな時、自分の思いや考えではなく、主に信頼し、主に委ねて行動することが大切なのです。

 

主は今日も最善なことをしてくださいます。主に信頼し、全てを委ねる「アクティブな信仰」をもって一歩を踏み出していきましょう。

2020.3.22.       礼 拝   

 

出エジプト記13:17-19(P115)       「人生の回り道」

 

回り道

▽エジプトから約束の地カナン(乳と密の流れる地)に行く道は、地中海に沿って北上する「ペリシテ街道」が近道である(歩いて12日)。しかし、

▽神は、イスラエルの民がこの近道を通って約束の地に行くことを止めた。それは、民がペリシテ人との戦いを恐れ、エジプトに帰ろうとするからです〈17〉。

ご自分の民の状態、弱さをよく知る神は、敵に襲われることの少ない「荒野の道」へ導かれた。これはご自分の民に対する神の愛と配慮です。

 

神の導き

▽神が導かれた「荒野の道」は、殆どが砂漠で水がなく、野獣が住む所で、200万人もの民が歩いて旅をするには、危険で困難な地です。

▽主がそこに導かれたのは、道中、いろいろと訓練すること、神が共におられることを、体験して学ばせるためです―→試練の目的。

主は、ご自分が共にいて、民を守り導いてくださる象徴である「昼は雲の柱」、「夜は火の柱」をもって、40年間導いてくださった〈21-22〉。

 

人生の回り道

▽私たちの人生にも、「回り道、遠回り」と感じるようないろいろな経験をします(病気、肉親を失う、受験や仕事の失敗、対人関係の問題など)。

▽しかし、その中で体験する挫折感や苦悩を通して主に訓練され、鍛えられて、信仰的にも人間的にも成長させられるのです。〈ヘブ12:11〉

「すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせる」。

2020.3.15.       礼 拝   

 

マルコ福音書16:1-6(P97)       「妨げの岩」

 

妨げの岩

▽〈1-2〉イエスが復活された週の初めの日の朝早く、マグダラのマリアたちが、イエスの亡がらに香油を塗るために墓に行った。

▽〈3〉彼女たちは「だれが墓の入口からあの石を転がしてくれるか」と話し合っていた。〈4〉「石は非常に大きかった」と記されている。

この「非常に大きな石」こそ、彼女たちがイエスに見(マミ)える「妨げの岩」です。あなたには信仰生活の中で、イエスに見える「妨げの岩」はないか?

 

女たちが墓に行ったのは?

①主イエスへの愛

愛には行いが伴う。彼女たちは主イエスへの愛の故に、早朝にもかかわらず、イエスの墓へと急いだのです。愛は「すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える」(Ⅰコリ13:7)ことができるからです。

②主イエスへの信仰

「人間にできることではないが、神にはできる。神は何でもできるからだ」(マル10:27)という信仰です。

 

取り除かれた妨げの岩

▽マタイによる福音書では、この「妨げの岩」が取り除かれたのは、「大きな地震」によると記されている(マタ28:2)。

▽主が、この女たちの愛と信仰に答えて、地を揺り動かされたのです。主は、あなたの主への愛と信仰に応じて、不思議な御業をなさる。

あなたも、主イエスを愛し、主イエスを信じて、日々生活しましょう。その時、主はあなたの「妨げの岩」を取り除き、主の栄光を見させてくださる。

月別のメッセージ

カレンダー

2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 80525総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 62昨日の閲覧数: