聖書のメッセージ

2019.7.14.       聖餐式礼拝   

 

マタイ6:33(P11)       「神の国と神の義を」

 

優先順位の教えではない

▽このみことばは、「神を第一にしなさい」という優先順位の教えではない。ここは〈25-34〉の文脈「思い悩むな」の中で理解すべきところです。

・まず、〈25〉「自分の命のことで…。自分の体のことで…。思い悩むな」とあり、

・〈26〉空の鳥、野の花を見て、100%神に信頼して生活すること、

・〈30-32〉「天の父が、私たちの必要のすべてをご存知だから」と勧める。

このことが神の摂理です。

 

だから(そういうわけだから) 〈31〉

▽「摂理」とは、今も「まどろむことなく、眠ることもない」〈詩121:4〉神が一瞬一瞬、みことばによって、私たちの必要を供給し、満たしてくださる。

▽〈31〉「だから(そういうわけだから)」とあるのは、私たちはこのような神の恵みの摂理によって生かされている。そういうわけだから、と〈33〉と招かれている。

〈33〉「求めなさい」は、〈7:7〉の「探しなさい」と同じ言葉です。そして、文法的には「探し続けなさい」と、諦めないで探し続けることです。

 

神の国と神の義を 〈33〉

▽このように現実に神の恵みの摂理によって生かされているのだから、神の国(恵みの支配)と神の義(神との正しい関係)を探し続けるのです。

▽神の恵みの導きに従い、神に感謝して、神との関係を大切にして日々生活を続ける。「そうすれば、すべて加えて与えられる」という約束です。

このみことばは、私たちに対して、神にすべての信頼を置くようにとの招きと、それに伴う神のすばらしい祝福の約束のメッセージです。

2019.7.7.       ウェルカム礼拝

 

ヨハネ15:1-10(P198)       「 キリストが要 」

 

わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている 〈 4〉。

 

繋が る と いう こ と

宗教に 怖 い イメージ があ る よう で す 。 イエス 様 は 「 わ た し に つ な が っていな さい 」 〈 4〉 と 言 わ れ ま し た 。 こ の 繋 が り は 「 操 る 」 と は 違 い ま す 。 枝 が ぶどう の 木 と 繋 が って 、 栄養 を 受 け る よう に 、 私 た ち は い つ も イエス さま と 繋が り 力 を 得 る 必要 が あ り ま す。

繋 が る に は 私 た ち の 「 意思 」 が 必要 で す 。

 

言葉が 内 に あ る

木と 枝 が 繋 が って い れ ば 命 は 続 き ま す 。 し か し、 実 を 結 ば ない 枝 は 、 農夫に よ って 取り除 か れ ま す 〈 1〉 。 成長 し ない 枝 は 、 実 を 結 ぶ 枝 の た め に 、 不要な も の と し て 焼き捨 て ら れ ま す 。 イエス 様 の 言葉 が 私 た ち の 内 に 必要 で す
〈 7〉 。

刈り取 る に は、 「 手入 れ 」 と 「 捨 て ら れ る 」 の 意味 が あ り ま す 。 

愛に と ど ま る

イエス様 に 繋 が り 、 そ の 言葉 を 実行 す る 人 は 豊 か に 実 を 結 び 、 イエス 様 の弟子 と な り ま す。 イエス 様 は 「 掟 を 守 り 、 愛 の 中 に と ど ま る よう に 」 〈 10〉と、 私 た ち に 求 め て お ら れ ま す。 愛 は 神様 か ら 与 え ら れ た も の であ り、 そ れが イエス 様 の 十字架 で す。

私たちは 大 き な 愛 の 中 で 感謝 し 成長 し ま す。

 

お祈り 天にいます父なる神様、御名を崇めます! 神様 と の 関係 の 要 と な るイエス 様 と 常 に 繋 が る 者 と な れ ま す よう に。 愛 の 中 で 御言葉 に よ り 行動 で きる よう に 助 け て ください。イエス様の御名によってお祈りします。アーメン

わたしたちは、この御子によって、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。御子は、見えない神の姿であり、すべてのものが造られる前に生まれた方です。(コロサイ信徒への手紙114-15節)

 

御子イエス様は、すべてのものが造られる前からおられた方、すなわち、天地万物を創造された神様です。

また、イエス様は、私たちが目で見ることのできない神様を見ることができるように、神としての立場も身分も捨てて、私たちと同じ人としてこの世に来てくださった「見えない神の姿」なのです。だから「わたしを見た者は、父を見たのだ」(ヨハ149)と言われました。

私たちは「神にかたどり、神に似せて造られたもの」です(創126)。つまり、私たち一人ひとりは「神のかたち(神の像)」である御子イエス様において造られたのです。

しかし、すべての人は神に逆らい、神になろうとしたため、エデンの園を追放されました(創323-24)。それは、人間本来の姿「神のかたち」を失ってしまったということです。

それでもなお、私たちを愛してくださる神は、私たちと和解し、関係を回復するために、御子イエス様を「人のかたち」として遣わしてくださいました。そして十字架にかかり、罪の代価である死を、あなたのために命を捨てて支払ってくださいました。あなたはすでに「罪の赦しを得ているのです」。

イエス様は、「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる」(ヨハ1125)と約束してくださっています。

2019.6.30.       礼 拝   

 

エフェソ4:16(P356)       「キリストのからだ」

 

教会と聞くと、私たちは真っ先に建物のことを思い浮かべます。しかし、使徒パウロは、教会を「キリストのからだ」であると表現しました。キリストのからだである教会とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

1.互いに助け合う

『体全体は、あらゆる節々が補い合うことによってしっかり組み合わされ、結び合わされて、』

パウロはくり返し「一つとなる」ことについて書いていますが、このことは言葉以上に難しいことです。それは一人として同じ人はいないからです。だからこそ、互いに助け合う必要があるのです。自分のことだけではなく、周りに目を向けていきましょう。

 

2.それぞれができることをする

『おのおのの部分は分に応じて働いて体を成長させ、』

体の中に必要とされていない部分は一つもありません。教会もそれぞれが大切な存在であり、委ねられた働きがあるのです。あなたにできることは何でしょうか。誰かがやるではなく、それぞれが委ねられている働きを感謝しつつ行なっていきましょう。

 

3.キリストの愛によって成長する

『自ら愛によって造り上げられてゆくのです。』

私たちの土台は、イエス・キリストという土台です。イエス様は私たちの罪のために十字架にかかってくださいました。ここに愛が示されているのです。この愛によって私たちは集められたのです。どのような時にも一人一人がこの愛に戻っていきましょう。

 

私たちはキリストによって造り上げられていくのです。今日も互いに祈り合い、助け合いながら一歩一歩前進していきましょう。

2019.6.23.       礼 拝   

 

列王記上8:23-53(P541)       「ソロモンの献堂の祈り」

 

栄光を神に返す

▽まず、「上は天、下は地のどこにもあなたに並ぶ神はありません」〈23〉。ソロモンは、自分を誇らず、唯一真の神をほめたたえ、栄光を神に返している。

▽そして「御口をもって約束なさったことを今日このとおり御手をもって成し遂げてくださいました」〈24〉と、感謝しています。

門真キリスト教会の今日に至るまでの証し。

 

神の前にへりくだる

▽「天も、天の天もあなたをお納めすることができません。わたしが建てたこの神殿など、なおふさわしくありません」〈27〉。

▽ソロモンは細心の注意をはらい、計画を立て、準備しました。また、たくさんのささげものをささげました〈5~7章〉。

▽しかし、それもこれもすべては神の恵みによる賜物です。と、へりくだります。

「人の心には多くの計らいがある。主の御旨のみが実現する」〈箴19:21〉。

 

信仰をもって祈る

▽「夜も昼もこの神殿に、この所に御目を注いでください」。「この所に向かって僕がささげる祈りを聞き届けてください」〈29〉。

▽〈31-53〉は具体的な長い祈りです。罪を犯した時の悔い改めの祈り〈31-34〉。自然災害、飢饉、疫病の時〈35-40〉。戦争や国外で祈る時〈35-49〉。

「わたしの家は、祈りの家でなければならない」〈ルカ19:46〉。今日、この恵みの時を覚え、栄光を神に返し、主の前にへりくだり、信仰をもって祈り、感謝しましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 68677総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 76昨日の閲覧数: