聖書のメッセージ

2021.10.17.     礼 拝

 

フィリピ2:13(P363)     「わたしにできること」

 

私たちは「志」を持つことが大切です。なぜなら、志は私たちが前進していくために欠かすことができないものだからです。このことは信仰生活においても同じです。キリスト者の志とは一体どのようなものなのでしょうか。

1.志を立てさせてくださる

私たちは救われて終わりではありません。そこから主と共にある信仰生活が始まっていくのです。その中で、主は私たちに志を立てさせてくださるのです。志は、自分自身で見つけ出すものではなく、主がその思いを与えてくださいます。主があなたに委ねられていることは何でしょうか。

2.志を行わせてくださる

志は持つだけではなく、実行する必要があります。多くの人たちが一歩を踏み出す前に、立ち止まってしまうのです。実行することは、私たちの目の前にある高いハードルなのです。そんな時にも私たちは一人ではありません。主が私たちの内に働いて実行させてくださるのです。ただ主に信頼し、一歩を踏み出しましょう。

3.志を守り続けてくださる

信仰生活は、平坦な道のりばかりではありません。想定もしていないような問題が起こることもあります。そんな時、志を見失ってしまいそうになったり、不平不満を言ってしまったりする時もあるのです。それでも主は志を守り続けてくださるのです。主が与えてくださる志は何があったとしてもなくなることはありません。

主は一人ひとりに志を与え、働きを委ねてくださいます。「わたしにできること」は何かと祈り求め、忠実に行っていく者となりましょう。

2021.10.10.     礼 拝

 

Ⅱテモテへの手紙4:2(P394)     「良い時、悪い時」

 

私たちの人生の歩みは、良い時ばかりではありません。悪い時も当然のようにあるのです。そんな中で、私たちにはいつも「御言葉を宣べ伝える」働きが委ねられています。どんな時にも御言葉を宣べ伝えるためには何が必要なのでしょうか。

1.信仰によって

テモテへの手紙を書いたパウロの人生は、苦難の連続でした〈Ⅱコリ11:23-28〉。それでも働きのために走り続けることができました。それは、「主が私に働きを委ねてくださったこと」、「主が働きを守り続けてくださること」を、信仰をもって受け止めたからです。ここが第一歩です。信仰をもって一歩を踏み出していきましょう。

2.祈りによって

パウロは人々のためによく祈る人でした。また、同時に「私(私たち)のために祈ってほしい」とくり返し呼びかけた人でもありました。この周りの人たちの祈りが彼を励まし続けたのです。教会は一つのチームです。あなたの祈りを必要としている人がいるのです。互いのために祈り合う者となりましょう。

3.聖霊によって

私たちはどのようにしたら良いかと迷うことがあります。聖霊はそんな私たちを導き続けてくださるのです。踏み出した先に困難が待っているかもしれません。しかし、あなたは一人ではありません。助け主である聖霊がいつも共にいてくださるのです。今日も一人ひとりがまず聖霊を求めて祈り、聖霊に満たされ続けましょう。

私たちはどんな時にも御言葉を宣べ伝えていきたいのです。悪い時だからと諦めてしまうのではなく、今できることを祈りつつ実行していきましょう。

2021.10.3.     ウェルカム礼拝

 

マタイ16:15-16(P32)     「わたしを何者だと言うのか」

 

主イエス・キリストはどのようなお方かと聞かれるとあなたは何と答えるでしょうか。この問いかけは、聖書に書かれている時代から今に至るまでとても大切な事柄でもあり、私たちの土台となるものでもあるのです。

1.一人ひとりに目を留めてくださる

主イエスは弟子たちに「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」〈13〉と尋ね、「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」〈15〉と言われました。主にとって大切なのは、人々の評判ではなく、弟子たちの答えでした。主は一対一であなたと向き合い、問いかけられるのです。あなたは主からの問いかけに何と答えますか。

2.救い出してくださる

ペトロは「あなたはメシア、生ける神の子です」〈16〉と答えました。つまり、主イエスは救い主だと告白したのです。主の救いは、私たちの理解をはるかに超えたものです。それは、全ての人が抱えている罪という問題からの救いなのです。私たちのために主は十字架にかかってくださいました。真の救いはここにあります。

3.新しい歩みを始めさせてくださる

私たちの生涯は失敗の連続であるとも言えます。それは、素晴らしい信仰の告白をしたペトロも同じでした。彼はこの後もすぐに失敗をしてしまうのです。しかし、主はそんな私たちに働きを委ね、新しい歩みを始めさせてくださるのです。その歩みは一人だけの歩みではありません。主がどんな時も共に歩み続けてくださるのです。

今日、あなたも「あなたはメシア、生ける神の子です」と告白する者となってほしいのです。そして、主と共にある新しい歩みへと踏み出していきましょう。

見よ、新しいことをわたしは行う。今や、それは芽生えている。あなたたちはそれを悟らないのか。わたしは荒れ野に道を敷き/砂漠に大河を流れさせる。(イザヤ43:19)

 

 あなたは今、希望を持つことができているでしょうか。希望は私たちが生きていく上において欠かすことができないものです。宗教改革を行ったマルティン・ルターは、希望についてこのような言葉を遺しています。

 『この世を動かす力は希望である。やがて成長して果実が得られるという希望がなければ農夫は畑に種をまかない。』

 内閣府が行った「子供・若者の意識に関する調査」の中に、「あなたは、自分の将来について明るい希望を持っていますか」との設問があります。13年度は61.6%の人が「希望がある」「どちらかといえば希望がある」と回答したのに対し、19年度は59.3%にまで減少しました。この数字は諸外国と比べると20%近くも下回っています。つまり、日本の多くの人たちが様々な要因から将来に希望を持つことができない状況にあるのです。

 しかし、希望は私たちが生きていく上において欠かすことができないものです。どこに私たちの希望があるのでしょうか。

 それは、聖書に書かれている主なる神様にあるのです。

 私たちは困難ばかりを見て、落ち込んでしまいます。けれども、見るべきところはそこではありません。主なる神様は今日も新しいことを行ってくださいます。何もないと思われるような状況の中にあっても働いてくださるのです。そして、この希望は何があったとしてもなくなることがないものなのです。このところに目を向けていきたいのです。

 主なる神様に不可能はありません。希望はここにあります。このお方に全てを委ねて、日々希望の中を歩ませていただきましょう。

門真キリスト教会 主任牧師 濵崎 恵太

2021.9.26.     礼 拝   

 

エステル記4:13-17(P767)     「喜びを手にするチャンス」

 

オリンピック選手の喜ぶ姿は、応援している私たちの心をも明るくしてくれました。今度は私たちが、共に喜びを味わうものになりましょう。

1.神様はあなたにスポットライトを当てられている

私たちは一人一人が違った人生を歩んでいます。その歩みは、神様の計画の中にあるのです。今、静まって神様の声を聞いてみましょう。スポットライトは、あなたに向けられているのです。他の誰かではなく、あなたにしかできないことがあるのです…。家族や友人、あなたの周りにいる人たちに目を向けてみませんか?解決しそうもないと諦めている問題はありませんか? 

2.仲間の祈りが勇気を与える

自分一人ではどうしようもないと感じたとき、あなたはどのようにその問題に立ち向かっていますか?無理だ…と諦めて背を向けてしまっているようなことはないでしょうか?一人ではできない問題に立ち向かうときには、祈り合う仲間を求めましょう!仲間の祈りは、あなたのしようとすることを支えてくれる大きな力となります!!

3.今を輝いて生きる者となる

私たちは神様の計画に参加して、その喜びを共に体験することのできるチャンスを与えられています。この世の暗闇の中で生きる人々の中で、スポットライトを向けられているのです。私たちは、暗闇の中であっても、今を輝いて生きるものとなることができるのです。

神様の御計画に参加しましょう。スポットライトはあなたに向けられています!共に喜ぶ者になりましょう!チャンスはあなたの目の前にあるのです。困難を喜びに変えてくださる神様が、あなたを待っておられます。

月別のメッセージ

カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 114074総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数: