» kadomaの記事

2014.6.8.    ペンテコステ 礼 拝

 

マタイ28:18-2 P060           「伝道の原動力」

 

▽   主イエスの教会に対する至上、最大の宣教命令です。その原動力は?

聖霊です(使1:8)。聖霊なくして伝道はできません。聖霊は伝道の力のための神の賜物です。だから、イエスは弟子たちに息を吹きかけて「聖霊を受けよ」と命じ(ヨハ20:22)、「聖霊を受けるまで、都に留まっていなさい」と言われました(使1:4-5)。

 

 祈りです(使8:15)。祈りなくして伝道はできません。祈りは伝道の力を得るため私たちのすべきことです。神の賜物である聖霊と私たちの祈りとは切り離す事ができません。ペンテコステの聖霊の大傾注は、弟子たちの信仰の祈りと待望の結果です(使2:1)。あなたが神の御心にかなう生活をし、飢え渇き、祈り求め、神の時が来たら、必ず聖霊はあなたの上に臨み、聖霊のダイナミックな力に満たしてくださいます(ルカ11:13)。 

 

愛です(Ⅰヨハ3:16)。愛なくして伝道はできません。滅びゆく魂に対する愛は伝道の原動力です。パウロは、滅びゆく魂を何とか救いたいという熱い愛から「福音のためなら、私はどんな事でもします」と告白しています(Ⅰコリ9:23)。愛こそ伝道のための清い動機であり、この動機が伝道の力となるのです。また、主にある兄姉たちが互いに愛し合う時、周りの人々の証しとなります(ヨハ13:35)。

 

世の終わりが近づいています。飢え渇いて聖霊を求め、聖霊の愛に満たされ、滅びゆく魂を愛し、伝道するため出て行きましょう。(Ⅱテモテ4:2)

  •  8日(日)  9:30~ ジョイフルクラス(日曜学校)  10:00~ディボーション・カフェ  11:00~ ペンテコステ礼拝  聖霊待望祈祷  13:30~タビタ会  14:00~ サニーデイ・クラブ(花の日)
  • 10日(火) 10:30~ 婦人礼拝
  • 11日(水) 13:30~ 祈祷会  19:30~ 祈祷会

「イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められた」(マルコ福音書6章34節)

五つのパンと二匹の魚で、五千人もの人の飢えを満たされたイエス様の御業は四福音のすべてに記録されています。その動機は、飢えた人々に対する「深い憐れみ」です。

私たちが生きてゆくためには、物理的(食物、衣類など)必要と霊的必要があります。この御業は「何を食べようか何を飲もうか、何を着ようかと思い悩むな」(マタイ6・25)と言われたイエス様が、私たちの物理的必要にも心を留めてくださっていることを示しています。

また、「いろいろと教え始められた」とありますが、これはイエス様が物理的必要よりも霊的必要の方が、もっと重要であることを教えようとされたことを示しています。ヨハネによる福音書ではこの御業の後、イエス様が「わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである」(ヨハネ6・51)と言われています。イエス様は背信の罪のために死んでいた私たちの身代わりとなって十字架に命をささげてくださいました。この事実を信じることによって「永遠の命」が約束されています。

この恵みを体験したクリスチャンは「あなたが彼らに食べ物を与えなさい」(マルコ6・37)とのイエス様のご命令に従い、物理的、霊的に必要としておられる、周りの人々を援助するために出て行きましょう。

2014.6.1.      礼 拝

 

サムエル上13:1-1P4246               「恐れと不信仰」

 

「サウルは、サムエルが命じたように、七日間待った。だが、サムエルはギルガルに来なかった。兵はサウルのもとから散り始めた」〈8〉

 

サウルが王になって2年〈1〉、ヨナタンがペリシテ軍を打ち破ったので〈3〉、戦いが広がり、両軍が結集します〈4、5〉。イスラエルが約束の地に入るため周りの国と戦ったように、私たちも御国に入るまで、サタンと戦わねばなりません。

 これは、避けることのできない霊的な戦いです。 (エフェ6:12)

 

 イスラエル〈15〉は、ペリシテの大軍〈5〉を見て、勝ち目がないと恐れ、戦意をなくします。イスラエル軍は危険が迫っているので恐れ、隠れたり、遠くへ逃げました〈6、7〉。サタンは私たちを攻撃し、恐れさせ、失望させ、気力をなくさせます。

目の前の現実から目を離し、もう一つの現実(主)を見ましょう。(イザ50:2)

 

サウルはサムエルに言われたとおり、七日間待ちましたが〈8〉、サムエルが来るのが遅れたので不安になり、自分でいけにえをささげました〈9〉。見た目は信仰的行いです。自分なりの理由、 ・サムエルが来るのが遅れたこと〈8〉、・兵が恐れ逃げたこと〈11〉、・敵の大軍が迫っていること〈12〉、・武器がないこと〈22〉。しかし、サウルは祭司しかできない務めを自分でするという罪を犯したのです〈レビ6〉。

神の時を待ち、忍耐して主の御心に従うなら、主は必ず「その時にかなった」御業をもって助けてくださいます。 (サムエル上14:20-23)

 

〔お祈り〕 天のお父様、目の前の事から目を離し、全能の神に目を向けるように、信仰を与えてください。イエス様の御名によってお祈りします。アーメン。

・1日(日)  9:30~ ジョイフルクラス(日曜学校)    11:00~礼拝  13:30~ 役員会   ジョイフルクラス教師会
・4日(水) 13:30~ 祈祷会  19:30~ 祈祷会
・6日(金) 10:30~ バイブルタイム

月別のメッセージ

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 178780総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 77昨日の閲覧数: