2024年 1月

2024.1.28.     礼 拝

 

ヨハネ11:38-44(P190)     「寄り添い、励ます」

 

「神にできないことは何一つない」〈ルカ1:37〉と私たちは信じています。ただ、どうすることもできない状況に陥った時、信仰は揺らぎ、諦めてしまうこともあるのです。イエス様は、そんな私たちに寄り添い、励まし、信仰に立つ者とならせてくださるのです。

1.寄り添ってくださる

主は、ラザロを生き返らせるためにユダヤに戻られました。しかし、このところでまずされたのは、ラザロの姉妹であるマルタとマリアに寄り添い、叫びを聞くことでした。問題を抱え、苦しい時にも私たちは一人ではありません。あなたのそばには、いつも主が共におられるのです。我慢するのではなく、あなたが抱えている思いを主に叫びましょう。

2.励ましてくださる

ラザロが死んでからすでに四日が経過していました。それでも、主は、「もし信じるなら、神の栄光が見られると、言っておいたではないか」〈40〉と言われるのです。この言葉は、彼女たちの信仰を責めているのではなく、「大丈夫だ」という力強い励ましなのです。問題ばかりに目を留めるのではなく、励ましてくださる主に目を向けていきましょう。

3.信仰に立たせてくださる

すぐにでもラザロを生き返らせることができたにも関わらず、主は、あえて回り道をされました。マルタとマリアの信仰を確かなものとするためでした。一つ一つの事柄を通して彼女たちは、全てを委ね、主のなされる御業に期待したのです。その時、死んでいたラザロが生き返って墓から出て来たのです。主を信じ、御言葉を実行する者となりましょう。

信仰の歩みは、平坦なものではありません。しかし、いつも主があなたに寄り添い、励ましてくださるのです。日々、主にあって信仰を確認し、一歩を踏み出しましょう。

  •     28日(日)  9:30~ JFC  11:00~ 礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  誕生祈祷  分かち合い  JFC教師会
  •        31日(水)  祈祷会(13:30~  メ=濵崎師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します  グレイス祈祷会(20:00~21:00)

2024.1.21.     礼 拝

 

ヨハネ15:11-17(P199)     「あなたがたを友と呼ぶ」

 

主イエス・キリストは、私たちを「僕」と呼ばず、「友」と呼ばれます〈15〉。主人と僕は、上下関係であり、僕は、命令を淡々と実行するだけです。一方、友人同士には、深い関わりがあり、相互の関係なのです。主は、いつもあなたの友として関わってくださいます。

1.自ら関わってくださる

主は、私たちが何かをしたから友と呼んでくださるのではありません。「わたしがあなたがたを選んだ」〈16〉なのです。積極的な主からのアプローチがあるのです。今のこの時は、決して偶然ではありません。まだ主を知らない時から、主はあなたに目を留め、呼びかけてくださるのです。主の呼びかけに応える者となりましょう。

2.愛を示してくださる

主は、私たちを友と呼ぶだけではなく、友のために自分の命を捨てるという大きな愛を示してくださいました〈13〉。それは、私たちの罪のためでした。人は、例外なく罪を抱え、生きています。そこに希望は無いのです。そんな私たちのために、主は十字架にかかってくださいました。主が示してくださった愛を自分自身のものとして受け取りましょう。

3.共に歩み続けてくださる

私たちの人生は、これから先も続いていきます。そこには、様々な出来事が起こってきます。そんな時にも私たちは一人ではありません。あなたのそばには、友と呼んでくださる主がおられます。そして、互いに愛し合う者となることができるように整え続けてくださるのです〈16〉。主の愛を受け、一歩一歩、主と共に歩み続けていきましょう。

あなたは、一人だけで頑張っていきませんか。友は、何でも言い合える関係です。今、抱えているものを主のもとに置き、主と共にある新しい歩みを始めていきましょう。

  •     21日(日)  9:30~ JFC  11:00~ ウェルカム礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)
  •        24日(水)  祈祷会(13:30~  メ=濵崎師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します  グレイス祈祷会(20:00~21:00)

2024.1.14.     礼 拝

 

列王記上18:21-39(P563)     「主こそ神」

 

預言者エリヤは、バアルの預言者たちと対決することとなりました。この所で彼がしたことは、ほんの少しのことでした。主が彼を用いて働かれたのです。今も生きて働いておられる主は、私たちを通して栄光を表してくださいます。

1.祈りに答えてくださる

どちらも「答えてください」〈26,37〉とそれぞれの神に祈りました。ただ、バアルの預言者たちが必死に求めたとしても「声もなく答える者もなく、何の兆候もなかった」〈29〉のです。一方、エリヤの祈りは、すぐさま答えられたのです。主は、どのような時にも私たちの祈りを聞いてくださいます。主に期待し、祈るために主の前へ進み出ましょう。

2.勝利を与えてくださる

エリヤの勝利を予想した人は、ほとんどいなかったことでしょう。なぜなら、450対1の戦いであったからです〈22〉。私たちは、劣勢の状況におかれることがあります。そんな時、状況を見て、諦めてはいないでしょうか。しかし、だからこそ、全てを主に委ねたいのです。主は、劣勢な状況にあったとしても輝かしい勝利を与えてくださいます。

3.決断を与えてくださる

この所にいたのは、エリヤとバアルの預言者たちだけではありません。イスラエルの民たちもそこにいたのです。彼らは、どっちつかずに迷っていました〈21〉。主は、彼らに決断を与えてくださいます。「主こそ神です」〈39〉と信仰告白する者とならせてくださるのです。信仰は、主が与えてくださいます。ただ、主だけを信頼する者となりましょう。

私たちも日々「主こそ神です」と信仰告白する者となりたいのです。どのような状況にあっても、自分自身の力に頼るのではなく、主を信頼し、主に委ねていきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 175193総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 28昨日の閲覧数: