2023年 12月

2023.12.31.     礼 拝

 

使徒言行録4:23-31(P220)     「新年を迎える前に」

 

今日この1年の最後、「新年を迎える前に」というテーマで聖書を読んでいきます。2つのポイントで確認して参りましょう。

1.これまでを振り返る

彼らがささげた祈りの半分(4:24-28)は、「これまでの振り返り」です。彼らは振り返った後で、これから御業が成されるように祈り求めています。

私達は、これまでを振り返る時間が必要な時があります。神様の恵みは、これまでを振り返って見ないと気づけない時があるからです。

どんな過去も決して無駄にはなりません。神様が苦しい状況から救って下さる時まで、神様に感謝をささげる事が出来るその時まで、今までの恵みを数えながら、祈り続けましょう。 神様はこれまで私達を導いて下さいました。神様はこれからも私達を導いて下さいます。

2.御業の法則を知る

聖書をよく読んでみると、聖霊が与えられたような「素晴らしい出来事」の前には、だいたい「良くない出来事」が起こっていた事が分かります。今日の聖書箇所も「ペテロとヨハネの逮捕」の後に起こった出来事でした。

御業は、行き詰まりのように見える所から始まります。諦めるしかないような所から始まります。 そして、この非現実的で人間の知識では説明しきれないほど偉大な御業は、私達に成される事によって、この世界に証明されていきます。御業の拡大には私達が必要です。御業の法則を知り、御業は私達から始まる事を知りましょう!私達は御業の一部です。

来年はどんな1年になるでしょうか?何か新しい事が起こるかもしれません。現状維持かもしれません。どのような中であっても、主こそわが神です。これまでに感謝し、これからに期待し、来年も主を礼拝して参りましょう。

  •    31日(日) 11:00~ 礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  誕生祈祷  ※ JFCは休会です。
  •        1日(月)  元旦礼拝(11:00~)

2023.12.24.     クリスマス礼拝

 

イザヤ書9:1-2(P1073)     「闇の中に輝き続ける光」

 

私たちの日常は、良いことばかりではありません。闇のようにも感じ、先を見通すことができないのです。そのような状況にあっても、希望があります。闇の中を歩む民は、大いなる光を見ることができるのです〈1〉。この光は、私たち一人ひとりに与えられています。

1.自由を与える光

闇は、私たちの歩みを止め、その場から動けなくするものです。光が差し込んでくる時、状況は一変します。闇は、光に勝つことができないからです〈ヨハ1:5〉。光があるところに、もはや闇はありません。安心して自由に動くことができるようになるのです。闇の中でもがくのではなく、一歩を踏み出し、光の方へ進み出ていきましょう。

2.喜びを与える光

私たちは、どのようにして喜びを得ているでしょうか。多くは、それぞれが様々な方法を用いて喜びを見つけているのです。しかし、光の中にいる時、自分自身で見つける必要はありません。主なる神様が私たちに深い喜びと大きな楽しみを与えてくださるからです〈2〉。私たちがするべきことは、ただ感謝をもって、受け取るだけなのです。

3.照らし続ける光

光は、何があったとしてもなくなることはありません。光と闇を行ったり来たりする必要はないのです。光は、いつも私たちを照らし続けています。ただ、私たちの人生には、様々なことが起こります。けれども、その中でも私たちは一人ではありません。光として来られたのは、神は我々と共におられる(インマヌエル)と呼ばれるお方だからです。

主イエス・キリストは、あなたの人生を変える光です。今年のクリスマス、あなたも大いなる光を自分自身のものとして受け入れ、光の中を歩んで行く者となりませんか。

  •    24日(日)  9:30~ JFC  11:00~ クリスマス礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  クリスマス祝会
  •       27日(水)  年末感謝祈祷会(13:30~  メ=濵崎師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します  グレイス祈祷会(20:00~21:00)

2023.12.17.     礼 拝

 

Ⅰテサロニケ2:3-13(P376)     「神様への信頼をより強くする」

 

「神様が自分に働いて下さっている」と思えた時に、神様への信頼は、より強く確かなものになります。今日は、「神様への信頼をより強くする」というテーマで、2つのポイントで聖書を読んで参りましょう。

1.心配は祝福に変わる

パウロはテサロニケの人々を心配していました。我が子を案ずる親のように心配していました。しかし、心配とは裏腹にテモテから嬉しい報告を受け取りました。神様に委ねた事により、心配が祝福に変わりました。神様に委ねる、この事は大きな不安を覚える事ですしかし、確かに神様は心配を祝福に変えて下さいます。神様に委ねて「心配が祝福に変わる」という体験をさせて頂きましょう!

2.再び来られるイエス様を知る

「テサロニケの信徒への手紙」のテーマは「イエス・キリストの再臨」です。パウロは「神様の前で正しくありたい」とあらゆる事に取り組んだ結果、「イエス様を知る事」という結論にたどり着きました。「愛する者が滅んで欲しくない」という思いから、パウロはイエス様の再臨についてこの手紙に書き記しました。私たちが探し求めている答えは、イエス様にあります。祈る中で、生活する中で、イエス様に聞き、イエス様を知りましょう。そして、神様の愛を受け取りましょう。

来週に迫ったクリスマスの時が、私たちの神様への愛がさらに強くされる時ともなりますように。今日から始まるこの1週間、神様への信頼がより強くされる1週間となりますように。

月別のメッセージ

カレンダー

2023年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 172341総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 40昨日の閲覧数: