2023年 1月

2023.1.29.     礼 拝

 

歴代誌上21:18-27(P657)     「主に備えられた礼拝」

 

ダビデはそこに主のための祭壇を築き、焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげ、主に祈り求めた。主は…天からの火を送って答えられた。〈26〉

1.ダビデの失敗と悔い改め〈17〉

主はダビデが人口調査をした罪〈1〉の故に、7万人を疫病によって打たれました〈14〉。ダビデは「罪を犯し、悪を行ったのは私です」と神様に訴えます。主の使いは先見者ガトを遣わし「オルナンの麦打ち場に主の祭壇を築くように」伝えます。

ダビデは悔い改め、責任から逃げませんでした。

2.ダビデの姿勢〈24〉

オルナンに土地の買い取りを申し出た時、彼はダビデだと気づいて「すべて差し上げます」と答えました。ダビデはこれを断り「代価を十分に支払ってささげなければならない」と金600シェケルを支払い、その場所で献げ物をささげ主に祈りました。

余っている、人からもらったからではなく、私が神様へささげるという姿勢は、信仰生活では大切なことです。

3.神様が備えられた場所〈30〉

祭壇の築かれた場所は、神が思い直され、御使いが滅ぼすのを止めた場所であり、後にソロモンが神殿を建てた場所となりました。疫病のためにいつもの場所へ行けなかったダビデに神様は礼拝を献げる場所を備えられました。

神様は私たちに礼拝の場所(方法)をも備えてくださいます。

 

お祈り 天にいます父なる神様、私たちの献げる礼拝をあなたが導き備えてくださるお方であることを感謝します。私が神様へ献げるという正しい思いを持って生活できるように助けてください。イエス様の御名によってお祈りします。アーメン

  •   29日(日)  9:30~ JFC  11:00~ 礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  誕生祈祷  礼拝奉仕者ミーティング  教会会計監査
  •       1日(水)  祈祷会(13:30~ 19:30~  メ=濵崎師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します

2023.1.22.     礼 拝

 

ヨシュア記6:20(P347)     「神によって開かれる道」

 

ヨシュアたちは、神の約束を握り、ここまで進んできました。しかし、目の前には、城門を堅く閉ざしたエリコの町がありました〈1〉。人生には、どうすることもできないような問題に遭遇することがあります。そんな時、私たちは一体どうすれば良いのでしょうか。

1.聞く〈2〉

問題を前にした時、ヨシュアは、非常に頭を悩ませたことでしょう。「そのとき」神は彼に語られたのです。神は、私たちが何かをする前から、その状況を見て、すでに働いてくださいます。問題解決への道は、神の言葉を聞くことから始まります。あなたは、いつも神の言葉を聞くことができていますか。神の声に耳を傾けましょう。

2.備える〈10〉

私たちは、結果を求めるために、自分自身で勝手に行動してしまうことがあります。ヨシュアは、このところで民たちに黙するように命じました。何もしないという意味ではなく、神を思い、神に委ね、神に期待する備えの時であったのです。私たちは、行動する前に一歩立ち止まりたいのです。そして、神の前に黙し、備えていきましょう。

3.踏み出す〈20〉

鬨の声をあげるだけで城壁が崩れるのは、あり得ないことです。しかし、神に不可能なことは、何一つありません。私たちに求められていることは、神に従い、踏み出してみることです。そこには、簡単に揺らいでしまうような信仰しかないかもしれません。けれども、踏み出す一歩を神は祝福してくださいます。神にある勝利と解決を受け取りましょう。

城壁を崩し、道を開いてくださるのは、主なる神様です。自分自身の思いや考えで行動するのではなく、神を第一にしていきましょう。神に委ね、従っていく者となりましょう。

  •   22日(日)  9:30~ JFC  11:00~ 礼拝(礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  分かち合い  JFC教師会
  •     25日(水)  祈祷会(13:30~ 19:30~  メ=かおり師)  各自で聖書を読み、祈祷課題を祈ることも継続します

2023.1.15.     礼 拝

 

使徒2:46-47(P217)     「心を一つにして」

 

初代教会は、救われる人々が日々起こされるという恵みの体験をしました。このことは、彼らの努力によって起こったのではなく、心を一つにすることから始まりました。私たちが主によって一つとされる時、そこに素晴らしい主の御業が起こるのです。

1.分かち合う

彼らは、共に食事をすることを大切にしていました。そこには、礼拝があり、交わりがありました。信仰者の歩みは、神と私の関係だけでは不十分です。クリスチャン同士の関係も欠かすことができません。自分自身のことだけではなく、兄弟姉妹にも目を向けていきたいのです。喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣く者となりましょう〈ロマ12:15〉。

2.祈る

祈りは、教会を成長させます。初代教会の時代から今の時代に至るまで、あらゆる場面で祈りの手は挙げられてきたのです。そのところに、聖霊が働かれているのです。聖霊は、私たちの祈りを助け、教会を一つとしてくださいます。聖霊の恵みは、今日も変わりません。一人一人が日々聖霊を求めて祈り、聖霊に満たされ続けましょう。

3.チャレンジする

初代教会は、チャレンジの連続であったとも言うことができます。彼らは、御言葉を握り、主に信頼して一歩を踏み出していきました。それは、良い時も悪い時も関係ありませんでした。御言葉は、聞くだけで終わってしまっては意味がありません。現実を見て諦めるのではなく、教会が一つとなって一歩を踏み出しましょう。

主なる神様は、私たちの思いや考えをはるかに超えて働いてくださいます〈エフェ3:20〉。心を一つにして、主の御旨に従っていく門真キリスト教会とならせていただきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 172341総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 40昨日の閲覧数: