2022年 1月 23日

2022.1.23.     礼 拝

 

創世記17:1-2(P21)     「全き者であれ」

 

アブラハムは、主の言葉を聞き、神の約束を信じました。しかし、その後、自分自身の考えで勝手に行動するという失敗をしてしまうのです。主はそんな彼を見捨てることなく、再び声をかけられました。

1.主を求めて歩む

「わたしは全能の神(エル・シャダイ)である。」と主はアブラハムに告げました。赤子が母親によって必要の全てが満たされるように、私たちにとって主なる神様こそが、全てを満たすことのできるお方であるからです。主と繋がり続ける時、私たちは成長することができます。

2.主の前を歩む

私たちは周りからの目が気に掛かってしまいます。それによって、喜んだり、落ち込んだりするのです。主は「あなたはわたしの前に歩み」〈1・口語訳〉と語られました。それは、主が後ろから見てくださっていることを意味しているのです。主は私たちと関わってくださいます。どんな時にも主を意識して歩みましょう。

3.主に信頼して歩む

主との契約の中で彼が果たすべき責任は、「全き者となりなさい」ということでした。この言葉は、完全な者、欠点のない者になるようにと命じているのではありません。主がなされる御業に期待し、信頼して行動することなのです。ただ、私たちの力では難しいことです。主はそんな私たちを日々整えてくださるのです。

私たちは主によって「全き者」となることができます。自分自身の考えだけで進むのではなく、主と共に一歩一歩前進していきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 125291総閲覧数:
  • 526今日の閲覧数:
  • 45昨日の閲覧数: