2021年 5月

2021.5.30.     礼 拝   

 

ヨナ書1章(P1445)     「神を意識する」

 

皆さんはいつも神を意識していますか?神様は存在を表されています。

ヨナの信仰

ヨナは神様から直接、預言を受けた預言者です。ここでは、神様の計画に反対し「主から逃れようと」〈3〉しました。しかし、彼は神様への信仰が無かった訳ではありません。人がどれだけ遠くへ逃げたとしても、神様の御手から逃れることはできないということを知っているからです。

彼は何が起きても、すべて神様が自分のためにされた事柄だと理解しています。

船乗りの信仰

船乗りは大自然である「海」に対して、自分の神として信仰を持っています。それ故、船長は大きな嵐の中で、その場にいる全員にそれぞれの神に祈るように求めました〈6〉。信じた神は違いますが、その信仰は本物です。船乗りたちは折々に神に助けを求め行動しています〈7、10、14、16〉。

神を意識していれば、すぐに行動することができるのです。

ヨナのようであっても

ヨナは命の危険に直面し、船長に促されても、神様の言葉から逃げていたため祈ることができませんでした。船乗りのように人生(日々)の折々に神を意識し行動する信仰が必要です。私たちは自分の置かれている状況や信仰の弱さを見て、自己判断していないでしょうか?いつも神様を求め行動していく時に、神様がどのようなお方なのかを知ることができます。

完ぺきな信仰は難しく感じます。神様を意識することの大切さを覚えましょう。

父なる神様、私たちがいつもあなたを意識し、信頼し、祈り求め、行動することができるようにしてください。主イエスの御名で祈ります。アーメン。

  •       30日(日)  11:00~ 礼拝・奉仕者のみ (礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  誕生・受洗記念祈祷  17:00~ 教区カレブス(オンライン)
  •         2日(水)  祈祷会(教会に集まらず、各自で聖書を読み、祈祷課題を祈る)

2021.5.23.     ペンテコステ礼拝   

 

使徒言行録2:14(P215)     「聖霊と共に」

 

ペトロは、ペンテコステの出来事をきっかけに大きく変わりました。私たちが聖霊に満たされ、聖霊と共にある時、新しいことが起こっていくのです。ペンテコステの恵みとはどのようなものなのでしょうか。

1.立ち上がることができる

ペトロたちは「ユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた」〈ヨハ20:19〉人物でした。そんな彼らが立ち上がり、声を張り上げて話し始めたのです。私たちは様々な状況の中で恐れ、隠れるという選択をします。しかし、聖霊は恐れという鍵を開けてくださるのです。そのところから新しく外へ出ていく者とならせてくださいます。

2.壁を越えることができる

私たちの周りには様々な壁があります。それは、私たち自身であり、常識であり、それぞれが握っているものだと言えるのです。その壁にぶつかった時、私たちは立ち止まり、私には無理だという答えを出すのです〈10:14〉。聖霊は私たちと共に壁を越えてくださいます。できないと考えていたことが、聖霊によってできるように変えられていくのです。

3.主の御業を体験することができる

ペトロはこの後、人々の救いや癒しなどの主の御業を体験していきます。このことは決して彼が特別だったからではありません。私たちも同じように体験することができるのです。ペンテコステの恵みは、今日も変わっていません。聖書に書かれている事柄が今も確かに起こるのです。主のなされる御業に大いに期待していきましょう。

私たちは日々聖霊に満たされ、満たされ続けていくことが大切です。変わらないペンテコステの恵みを今日も受け取っていきましょう。

  •       23日(日)  11:00~ ペンテコステ礼拝・奉仕者のみ (礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  聖霊待望祈祷  JFC教師会(オンライン)
  •       26日(水)  祈祷会(教会に集まらず、各自で聖書を読み、祈祷課題を祈る)

2021.5.16.     礼 拝   

 

ヨハネ20:21(P210)     「あなたがたを遣わす」

 

イエス様は復活され、弟子たちの前に御姿を現わされると、弟子たちを勇気づけられました。イエス様の話を信じることができずに、恐れから心を閉ざしていた弟子たちを信じ、大きな働きを任せてくださったのです。

1.助けを求める方法とは…

神様を知らなかった私は、疑いの思いがいっぱいでありながらも、クリスチャンの友人に教えられるまま祈りました。「天の神様、信じるとはどういうことですか。教えてください。イエス・キリストのお名前によって祈ります。アーメン。」この祈りによって、私の深く閉ざしていた心は、疑いの思いから、信じる気持ちへと180度変えられたのです。祈りによって、自分の力ではどうしようもない苦しみから助け出され、平安が与えられたのです。祈りは神様に助けを求める方法です。

2.救いの喜び

私の傍には、いつも助け主であるイエス様がいてくださる。イエス様は、私たちのことを何でも知っておられ、困った時にはいつでも話を聞いて助けてくださり、私たちを全力で愛し守っていてくださる。これほどの喜びがあるでしょうか。救いとは、なんと素晴らしい恵みでしょうか。

3.遣わされている

不安の中にあるとき、神様に助けを求め、平安をいただきましょう。神様は必要な力を与え、導いてくださいます。私たちは一人ではないのです。小さなチャレンジに神様は働いてくださいます。苦しみからの解放と喜びを待っている人がいます。

私たちは、救いの喜びを伝えるようにと遣わされています。聖霊の力を求め、祈りつつ自分にできることをさせていただきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2021年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 108293総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 121昨日の閲覧数: