2020年 7月 26日

2020.7.26.     ウェルカム礼拝   

 

出エジプト3:4-6(P96)     「モーセよ、モーセよ」

 

モーセよ、モーセよ

▽ミディアンの地で、羊飼いとして普通の生活を習慣的に過ごしていたモーセに向って、神は「モーセよ、モーセよ」と呼びかけられた。

▽これは、大勢の人々の中に紛れ込んで生活しているモーセに対し、一個人の人間として、神の前に立つことを求められた神の召しの呼びかけです。

それには、「はい」と答えるか「いいえ」と答えるか、どちらか一つの道しかない。神の前では逃げ隠れはできない。ここに信仰の戦いがある。

 

私か、私たちか  「自分の言いたいこと」なのに「皆んなが言っている」

▽私たちは、「私」と「私たち」を混同していないか。一個人として責任のある「私」ではなく、「私たち」の中に逃げ込んでいるのでは?

▽昔とは違い、今は個人の自由と権利が尊重されているが、それに伴うはずの義務と責任とが忘れられているのではないか。

大勢の中に紛れ込んでいる方がトラブルも少なく安全である。しかし、神はあなたを「一人の人間」として「あなたを選び、御自分の宝の民とされた」〈申7:6〉。

 

日々、自分の十字架を負うて

▽イエスは「自分を捨て、自分の十字架を背負って、私に従いなさい」と〈マタ16:24〉。「自分の十字架」とは、「神があなたに委ねられている奉仕と責任」です。

▽十字架を負うとは、主のみことばに対し「はい」と答えて生きることです。聖書の言葉を「私」に語りかけられた神の言葉として聴き従うことです。

その神の言葉に聴き従うことのできない自分の弱さ、足りなさを自覚し、「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください」〈イザ6:8〉と立ち上がりましょう!

月別のメッセージ

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 88707総閲覧数:
  • 53今日の閲覧数:
  • 62昨日の閲覧数: