2020年 2月 23日

2020.2.23.       礼 拝 

 

ルツ記2:1-17(P422)       「私の偶然と神の必然」

 

ベツレヘムに到着したナオミとルツは、この地で様々な偶然と思われる出来事に遭遇しました。しかし、それは本当に偶然だったのでしょうか。私たちにとっての『偶然』なことも主なる神様にとっては『必然』なことなのです。

 

1.祝福の備えをされる神

主は祝福を与えるために三つの備えをされました。①『時』⇒大麦の刈り入れの始まるころであった〈1:22〉。②『場所』⇒そこはたまたまエリメレクの一族のボアズが所有する畑地であった〈3〉。③『人』⇒ボアズがベツレヘムからやって来て〈4〉。偶然とも思えるような状況の中でも主は確かに働いてくださっているのです。

 

2.守りを与えてくださる神

ルツは何をするにしても弱い立場にありました。しかし、「あなたの神はわたしの神」〈1:16〉と告白した彼女を主は決して見放すことはありませんでした。そして、彼女を守るためにボアズを立ててくださったのです。どんなに厳しい状況にあっても、主に信頼する者を主は必ず守ってくださいます。

 

3.報いを与えてくださる神

落ち穂拾いをするルツの心の中は不安でいっぱいだったことでしょう。主はそんな彼女に安息の機会を与えてくださったのです〈14〉。それは、彼女が唯一真なる神を愛し、隣人を愛する者だったからです。主は彼女のこれまでの行動を覚えていてくださいます。そして、確かに報いを与えてくださるのです。

 

主はどんな時にも私たちに希望を与えてくださいます。いつも主の計画の内にあることを覚え、ただ主に目を向けていきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2020年2月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 85868総閲覧数:
  • 87今日の閲覧数:
  • 51昨日の閲覧数: