「常に注がれる主の憐れみ」

2017.10.15.       礼 拝

 

創世記4:1-16(P5)       「常に注がれる主の憐れみ」

 

ここには兄が弟を殺す「人類最初の殺人事件」が書かれています。兄カインは、その罪のゆえに主からも見捨てられてしまったかのようにも思えるのですが、そんな彼にも主は常に憐れみを注がれていたのです。

 

1.主は語りかけてくださる 〈6-7、9〉

カインは、怒りのために顔を伏せ、心を閉してしまいました。しかし、主は今までと何一つ変わらず彼に語りかけてくださったのです。正しい方向へ導き、罪を犯してしまった時には、自発的な応答を待っていてくださるのです。

 

2.主は目を留め続けてくださる 〈13-15〉

犯した罪のために彼は追放されることになりましたが、主は目を留め続けておられました。保護を約束してくださったのです。罪を犯して終わりではありません。罪を犯した者でさえ、驚くべき恵みを体験することができるのです。

 

3.主は生かしてくださる 〈15、ロマ6:23(P.282)〉

「罪は死に値する」と聖書の立場ははっきりとしています。それにも関わらず、主は生かしてくださるのです。罪を犯した者のことも決してあきらめることはありません。私たちも生まれながらにして罪人です。けれども、主イエス・キリストの十字架によって罪赦され、生きる者とされているのです。

常に注がれている主の憐れみに感謝する者となりましょう。また、もし悔い改めていない罪があるなら、悔い改め、方向転換する者となりましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 92125総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 49昨日の閲覧数: