「迷子の羊」

2019.9.1.       ウェルカム礼拝   

 

ルカ福音書15:1-7(P138)       「迷子の羊」

 

羊にたとえられた人間

▽羊はとても弱い動物――攻撃をする武器を持っていない。近視。一匹では生きられない。群れから離れたら迷子になる。羊飼いが必要。

▽羊が迷子になる死につながる。聖書が語る「いのち」とは? ①肉体的命。 ②精神的命。 ③霊的命。

「主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」〈創2:7〉。これは人間だけ。

 

生きるとは?

▽新約聖書で「いのち」の原語は、ほとんどが「霊的いのち」のこと。すべての人は迷子の羊と同じく死んだ状態。霊的に死んだ状態が「罪」。

「一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです」〈ロマ5:12〉。

▽霊的に死んでいる人は、肉体的、精神的に元気であっても、何か満たされない、もの足りない、生きている実感がない生活を過ごしている。

 

羊飼いが必要です

▽帰る所が分からないから迷子です。迷っている羊が本来いるべき所に帰る方法は一つだけです。羊飼いに見つけ出していただくことです。〈4〉

▽イエスは約束してくださっています――〈ヨハ10:10-11〉と。

「見つけたら、喜んでその羊を担いで、家に帰り」、人々を集めて祝会を開いてくださるイエス〈5、6〉抱かれ、真に幸いな人生を歩んでください。

月別のメッセージ

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 70439総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 28昨日の閲覧数: