「記録の書」

2019.3.17.       礼 拝   

 

マラキ書3:14-18(P1501)       「記録の書」

 

何の益があろうか 〈14〉

▽私たちは自分がしたことの報いを期待する。しかし、報いがないと?

▽それが奉仕に対する熱が冷め、途中でやめる理由。

▽南ユダの民も「神に仕えることはむなしい。たとえ、その戒めを守っても、何の益があろうか」とつぶやいた。

 

記録の書が書き記された 〈16〉

▽主は、民の正直な不満に対し、何と答えられたか?

▽主は、私たちの失望も不満も弱さもすべてを理解しておられる。

▽主は言われる「主を畏れ、その御名を思う者のために記録の書が書き記され」ていると。パウロも言っている。〈Ⅰコリ15:58〉

 

わたしにとって宝となる 〈17〉

▽なぜ神は記録の書を書き記しておられるのか?

▽目の前の現状がどうであれ、主は必ず記録の書に従い報いられる。

▽旧約最後のメッセージ〈3:17-18〉は、新約最後のメッセージ(イエスの最後の約束)にくり返されている。〈黙22:12〉

月別のメッセージ

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 64956総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 23昨日の閲覧数: