「聞け、イスラエルよ」

2024.4.14.     礼 拝

 

申命記6:4-5(P291)     「聞け、イスラエルよ」

 

神を愛することは、最も重要な掟の一つです〈マコ12:28-31〉。このことは、私たちにとっても信仰の歩みの土台です。ただ、ある一時だけ実行すれば良いものではありません。「聞け、イスラエルよ」〈4〉と呼びかけられているように、いつも心に留める必要があるのです。

1.主は導き続けてくださる

主は、エジプトで苦しんでいたイスラエルの民たちに目を留め、解放されました。約束の地へと導いてくださったのです。しかし、彼らの歩みは、従順な歩みではありませんでした。それでも主は彼らを見捨てなかったのです。私たちのしたことで左右されず、どんな時にも導き続けてくださるのです。あなたの歩みは、主の導きの中にある歩みなのです。

2.主は良い物で満たしてくださる

約束の地は、乳と蜜の流れる土地と言われているように、素晴らしい所でした。様々なものが備えられていたのです。この時、イスラエルの民たちが持っているものは、何もありませんでした。けれども、彼らは、約束の地で備えられたものを受け取ることができるのです。主は、私たちの必要をご存じであり、日々良い物で満たしてくださいます。

3.主はどんな時にも守ってくださる

私たちの人生の歩みは、良いことばかりではありません。物事を諦めてしまうような事柄も当然のように起こるのです。しかし、私たちは、どんな時にも主の御手の中で守られています。主は、アブラハム、イサク、ヤコブに与えてくださった祝福の約束を覚え、実行してくださるのです。主と共にある時、私たちは、恐れる必要はありません。

主の恵みは、いつも変わらずに私たちに注がれ続けています。どのような時にも、唯一まことなる主を認め、主を愛する者となっていきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 178787総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 77昨日の閲覧数: