「沖に漕ぎ出す」

2022.1.16.     礼 拝

 

ルカ福音書5:4(P109)     「沖に漕ぎ出す」

 

イエス様は、ペトロの舟から群衆に向かって教え始められました。その言葉を聞いていたのは、群衆だけではなく、ペトロもその中の一人でした。そんなペトロに対して主は「話し終わったとき」〈4〉に個人的に関わられたのです。

1.チャレンジを与えられる

御言葉は聞いて終わりではありません。その後、主は行動するようにと促されるのです。「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」〈4〉という言葉は、ペトロにとってチャレンジでした。それは、彼の頭の中で最初から無理だと決めつけていたことだからです。しかし、主はこのことを通して新しい信仰の歩みへと導いてくださるのです。

2.共に進まれる

ペトロは、「お言葉ですから」〈5〉と主の言葉に従い、行動しました。そこには不安や疑いなどの思いもあったことでしょう。そんな中にあっても彼は一人ではありませんでした。舟の中にはずっと主が共におられたのです。主は行動を促されるだけではなく、そばにいて、共に進んでくださるのです。

3.たくさんの恵みを備えておられる

行動した先には、主の恵みが待っていました。舟が沈みそうになるぐらいの大漁を体験したのです〈6-7〉。私たちが持っている網には元々何も入っていません。どんなに努力をしても、それが満たされることはないのです。けれども、主はその網を恵みで一杯にしてくださるのです。主に委ね、信頼する者に主は豊かな祝福を与えてくださいます。

「沖に漕ぎ出す」準備はできていますか。主は今日も変わることなく、共に進んでくださいます。一人一人が主の言葉を聞き、主と共にチャレンジしていきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 137004総閲覧数:
  • 69今日の閲覧数:
  • 59昨日の閲覧数: