「決意」

2020.4.26.       礼 拝   

 

ルツ記3:5-18(P425)       「決意」

 

ルツはナオミからの提案に対して「言われるとおりにいたします」〈5〉と答えました。しかし、この提案は簡単に決断することができないようなものでした。なぜ、ルツは素直に応答することができたのでしょうか。

 

1.ルツは決意をもって踏み出した

物事に迫られていたから『腹を括った』訳ではありません。妥協して踏み出した一歩ではなかったのです。彼女が踏み出した一歩は、神様に全てを委ね、神様に信頼するという決意を固めた一歩だったのです。ただ、私たちは決意を固めても、簡単に揺らいでしまうことがあります。主はその決意を守り、祝福してくださるのです。

 

2.ルツは決意をぶつけた

ボアズの「お前は誰だ」〈9〉という言葉は予定外の言葉でした。しかし、この言葉を掛けられた時、彼女は素直に自分の決意をボアズにぶつけました。主は私たちが信頼し、踏み出した決意を無駄にされることはありません。その決意を全て受け止めてくださるのです。状況を見て諦めるのではなく、決意をそのままぶつける者となりましょう。

 

3.ルツは決意の答えを待った

私たちは答えが早くほしいと思うものです。待つということはとても忍耐が必要な事柄です。ルツたちは答えを待ち続けることを決めました。それは、主は確かに働いてくださることを信じたからです。私たちは人や物に期待するのではありません。ただ主に期待するのです。

 

「主は生きておられる」〈13〉。ここに決意の根拠があります。状況を見る時に悩むこともあるかもしれません。しかし、今日もまず主に信頼し、期待していきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 89068総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 103昨日の閲覧数: