「忍耐と祈り」

2020.11.22.     礼 拝   

 

ヤコブ書5:7-8(P426)     「忍耐と祈り」

 

秋の雨と春の雨

▽秋の雨(前の雨)は、10月の終わりから12月に降る種まきに備えるための雨。春の雨(後の雨)は、4月頃に降り始める収穫に備えるための雨。

▽4月頃から始まり10月頃まで続く長い乾期には、農夫は忍耐しながら秋の雨と春の雨が降るのを待ち望む〈7〉。

▽ダビデは、このことを思い起こして「わたしの魂はあなたを渇き求めます。わたしの体は乾ききった大地のように衰え、渇き果てています」と告白〈詩63:2〉。

 

教会時代

▽教会の誕生日であるペンテコステは、秋の雨の降り始めです。そして、今、私たちは収穫のための春の雨であるキリストの再臨を待ち望んでいます。

▽ペンテコステの日に、ペトロは〈ヨエル3:1-5〉の預言を引用して「神は言われる。終わりの時に、私の霊をすべての人に注ぐ」〈使2:17〉と語った。

▽主は一人でも多くの魂が救われることを願い、忍耐して再臨を延ばしておられる。私たちも心を強くし忍耐をして、主の再臨を待ち望もう。

 

主の約束

▽主イエスは、くり返し再臨のことを予告され、それが近づいている証拠として、「もっと偉大なことを見る」〈ヨハ1:50〉と言われ、数々のみ業をなされた。

▽今の様々な状況は、イエスの言われたとおり、春の雨が近づいていることを示している。「主が来られる時が迫っているからです」〈8〉。

パウロは「どうか、主が、あなたがたに神の愛とキリストの忍耐とを深く悟らせてくださるように」〈Ⅱテサ3:5〉と祈っている。「然り、私はすぐに来る」〈黙22:20〉。

月別のメッセージ

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 96273総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 65昨日の閲覧数: