「心の傷の癒し」

2014.7.6.  聖 餐 礼 拝

 

ホセア 6:14(P1409)               「心の傷の癒し」

 

「さあ、我々は主のもとに帰ろう。主は我々を引き裂かれたが、いやし、我々を打たれたが、傷を包んでくださる。」〈1〉

 

心の傷は隠さないで、ありのままに言い表わすことが大切です。傷つくことは罪ではありませんが、それをどう処理するかによって罪になることもあります。傷ついた時のことを顧み、それを癒し主イエスのみ手に委ね、どう処理するかを導いていただくことが大切です。なぜなら、癒しは聖霊のみわざだからです。イエスはラザロの墓の前で涙を流し、ゲッセマネでは血の滴りの汗を流し、祈られました。

 

イスラエルの民は、傷の癒しを求めましたが、神は民の悔い改めを朝の霧や露にたとえ、逆に「私はどうしたらよいのか」と問われました〈4〉。イエスは、あなたの傷を背負って十字架にかかられました。だから、「そのお受けになった傷によって、あなたは癒されました」〈Ⅰペト2:24〉。この事実を信じ、すべてを告白することにより、癒されます。ダビデはバテ・シェバとの罪を隠していた時苦しみましたが(詩32:3,4)、素直に告白して癒されました(詩51:5,6。12-14)。

 

父なる神がみ子イエスの十字架の贖いによって、あなたを赦してくださったように、あなたを傷つけた相手を赦すことです(エフェ4:32)。口では「赦している」と言っても、いつまでも根にもっていると心の傷跡が、人格と霊的、信仰的に悪影響を与え、成長できません。イエスの赦しを体験し、自分も相手を赦すと癒されます。

 上の三つを実践することにより、あなたの心は刷新し、開放されます。(エフェ4:22-24)

月別のメッセージ

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 92105総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 68昨日の閲覧数: