「共にうめく」

2015.7.26.        礼 拝

 

ローマ 8:22-26       「共にうめく」

 

被造物のうめき〈22〉「今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっている」

自然界では、大地震や火山噴火、旱ばつや大雨による洪水や台風、動物の弱肉強食など、共にうめき「神の子たちの現れるのを切に待ち望んでいます」〈19〉。

「神の子たちの現れ」とは、キリストの再臨による私たちの救いの完成の時です。初めの頃のエデンの園のように弱肉強食がなくなるからです〈イザ11:7、65:25〉。

 

私たちのうめき〈23〉「神の子とされること、つまり体の贖われること」

現代は、様々な考えられないような事、悲しい事がたくさんあり、人々はうめきながら生き、私たちもうめきながら、主の再臨を待ち望んでいます。

うめき祈りながら、一生懸命イエスを証ししても、人々が心の耳を塞ぎ聞いてくれないこと、そしてその人々の永遠の滅び(第二の死)を思い、心が痛みます。

しかし、そのうめきは「産みの苦しみ」です。私たちの力の及ばない所で神のみわざが起こり、「新しい命の誕生(新生)」という希望があります〈24-25〉。

どう祈ったらよいのか分らずうめく時、共にいる聖霊が助けてくださいます〈26〉。

 

御霊のうめき〈26〉「言葉に表せないうめきをもって執り成してくださる」

御霊による祈りはうめきから始まります。寂しさや不安、恐れ、人の恨みや憎しみ、様々な後悔など、そのまま神の前にうめきをもって申しあげるのです。

その時、御霊があなたの苦悩を共感し、共にうめき、執り成してくださいます。そして、「神を愛する者たちと共に働き、万事を益と変えてくださいます」〈28〉。

あなたと共にうめき、あなたを助けてくださる御霊によって、あなたの家族、親族、友人の救いと、隣家のリフォームなどを主に訴えましょう。

「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです」〈ヘブ11:1〉

 

月別のメッセージ

カレンダー

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 83401総閲覧数:
  • 65今日の閲覧数:
  • 45昨日の閲覧数: