「主に選ばれた者」

2023.10.1.     礼 拝

 

サムエル記上16:7(P453)     「主に選ばれた者」

 

ダビデは、どのような時にも神を賛美し、神に仕えた人物です。しかし、その最初は、誰の目にも留まらないような一人の少年でした。そんな彼に主は目を留め、選び、用いられたのです。主の選びとは、一体どのようなものなのでしょうか。

1.心を見られる

人が第一印象を決める一番大きな要素は、見た目です。このことは、新しい王を探しに来たサムエルも同じでした。ダビデの兄エリアブを見て、彼こそ主の前に油注がれる者だと思ったのです〈6〉。主は、私たちの見た目だけではなく、全てを見られるのです。良いところも悪いところも知った上で選ばれるのです。

2.周りに左右されない

私たちの人生は、常に評価が付きまといます。この時、ダビデは、羊の番をしていました〈11〉。この場面に居る必要がないというのが父エッサイの評価でした。けれども、主が選ばれたのは、末の子であるダビデだったのです。主は、周りに左右されず、ただ一方的に選ばれるのです。

3.成長へと導いてくださる

この時から、ダビデの人生が大きく変わっていきました。主が共にいて、成長させてくださったからです。ダビデの生涯は、喜びよりも困難の方が多いような歩みだったと言えます。ただ、その中で、主の守りを体験し、主は共におられると確信したのです。主は、選んで終わりではなく、その後も導き続けてくださいます。

私たちも「主に選ばれた者」です。このことは、私たちの努力によるのではありません。一方的な選びなのです。このお方と共に今日も歩み続ける者となりましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 177207総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 81昨日の閲覧数: