礼拝のお話し

2018.11.11.       礼 拝   

 

サムエル下6章(P488)       「主の臨在こそ」

 

▽ダビデは、イスラエルの南北を統一し〈5:5〉、ペリシテ軍を滅ぼした〈5:25〉。〈2、3〉アビナダム家に70年余、置いたままの「神の箱」をエルサレムに運ぼうとした。

 

搬入の失敗 〈3-8〉――ペレツ・ウザ事件

▽「神の箱」は律法〈民4:5-15〉に従うべきなのに、ペリシテの方法で運んだ。〈6、7〉レビ人でないウザが「神の箱」に触れ、神に打たれて死んだ。

私たちも、聖なるものと俗なるものを混同しないよう気をつけよう。

 

無事搬入 〈12-15〉〈17-19〉

▽〈11〉その後、「神の箱」はオベド・エドムの家にあり、主は彼を祝福された。

▽〈13、14、15〉今度は、主の掟を守って、無事エルサレムに搬入した。

私たちも、主イエスの十字架を仰ぎ見、全身全霊をもって主を礼拝しよう。

 

ミカルとダビデ王家 〈16〉〈20-23〉

▽〈16〉〈20〉王妃ミカルは、裸で踊るダビデをさげすんだ。

ミカルは「サウルの娘」とくり返され、サウル家とダビデ家の対立を暗示する。

▽〈23〉ダビデ家にサウル家の血が流れていないことを示し、後に神の契約のとおり、ダビデの子孫からメシヤが生まれる備えがなされている。

私たちも自分の思いではなく、主の御心の成就を求めよう。(箴19:21)

2018.11.4.       伝 道 礼 拝   

 

ルカ18:18-27(P144)       「欠けているもの」

 

聞いた人々が「それではだれが救われるのだろうか」と言うと〈26〉

 

人生の目的

子どもが夢を語る時、中高生が自分を語る時、社会に出る寸前の若者が未来を語る時…いつも同じ人もいれば、少しずつ違うモノをイメージするようになる。大人になると近い未来を想像する。今日の箇所で議員が語った目的「永遠の命を得る」ことは悪いものではない。しかし彼はイエス様の返答を聞いて非常に悲しんだ〈23〉。

本当に必要なものを彼は理解できなかった。

 

議員の目的

議員はどんな生活を送るのか?国や社会のために良い働きをする、頭良く、お金持ちで人望も厚い…素晴らしい人。この人がイエス様のところに来た目的は、「良いモノはすべて欲しい」という自己満足〈18〉。良いと言われることはすでに行っているという慢心〈20、21〉。しかし、イエス様の答えは受け入れ難かった〈22〉。

彼の求めた欠けとイエス様の欠けは、違うモノ。

 

人々の反応

このいきさつを見ていた人々は「だれが救われるのだろうか」〈26〉と言う。当時の一般的な価値観の中では、道徳的善が救いに結びついていた。しかし、永遠の命を受ける条件に道徳や、働きの多さに比例しない〈27〉。

神様だけが憐みのゆえに、私たちを救うことができるお方。十字架は恵み!

 

お祈り 天にいます父なる神様、御名を崇めます!私の救いのためにイエス様の十字架が必要であることを覚え、感謝します。自分の成したことに目を留めず、憐みに目を向けます。イエス様の御名によって祈ります。アーメン

2018.10.28.       礼 拝   

 

歴代誌下30章(P710)       「会衆の一致と喜び」

 

ユダに神の御手が働いて、人々の心が一つにされ、主の言葉に従って王と高官の命令が実行に移された〈12〉。

 

一つの成功の中に

出エジプトを記念して行われる過越祭。ユダのヒゼキヤ王は、200年ぶり〈26〉に行いました。この成功のためには、祭司とレビ人の備えが必要不可欠でした〈3、29章〉。私たちは事を成功させる時、入念に準備をします。

ヒゼキヤの功績とも言えますが、普段から備え仕える人あってこそです。

 

集められた民

アッシリアに滅ぼされた北イスラエルの民は、ヒゼキヤの誘いを嘲りました〈10〉。しかし、謙虚になった人は共に主を礼拝しました〈11〉。燃やされた人々は偶像礼拝を取り除き、過越しのいけにえを捧げました。神様との正しい関係を再構築するためです〈17〉。自発的に捧げられた行動に、神様は憐みをかけてくださいました〈18〉。

神様に心から仕える姿です。

 

喜びによる継続

過越祭と除酵祭は一週間ずつ行われます。この時「全会衆は更に七日間祭りを行うことを決め…喜び祝った」〈23〉。王と高官、祭司は祭りの継続のために協力しました。祝福の祈りが主の聖なる住まい、天にまで達した〈27〉。

この大きな喜びは、呼びかけた王ではなく、全会衆から出ています。

 

お祈り 天にいます父なる神様、御名を崇めます!私たちの信仰と礼拝が、神様との正しい関係から、日々燃やされ喜びに満ち溢れ、この継続を願う者へとなりますように。イエス様の御名によってお祈りします。アーメン

2018.10.14.       聖餐式礼拝   

 

サムエル記上3:19‐4:1(p433)       「地に落ちることのない言葉」

 

サムエルは「その言葉は一つたりとも地に落ちることはなかった。」〈19〉と言われる人物にまで成長しました。それは彼が努力したからではなく、主が彼を成長させたのです。主は同じように私たちも成長させてくださいます。

 

1.共にいてくださる〈19〉

私たちの霊的な成長に必要なのは、主と共にいることです。サムエルが成長したのは、祭司エリや周りの環境の力によるのではありません。「成長させてくださるのは神」〈Ⅰコリ3:7〉なのです。色々なものに目を留めるのではなく、何よりも主と共にいること(主との交わり)を大切にしましょう。

 

2.働きのために整えてくださる〈20〉

「ダンからベエル・シェバに至るまで」という言葉は全イスラエルを表しています。この全ての人々がサムエルを主の預言者として認めたのです。これは、決して容易なことではありません。しかし、主が彼を整えてくださったことによってこのことがなされていったのです。主は働きのために私たちを整え、用いてくださいます。

 

3.御自身を示し続けてくださる〈21〉

主の働きのために一歩を踏み出していく時、孤独を感じることがあります。その中で主は御自身を示し続けてくださるのです。そして、何をして、何を語る必要があるのかを教えてくださるのです。私たちは一人だけで主の働きに進んで行くのではありません。主からの力をもらって、あなたに委ねられた働きを行う者となりましょう。

「サムエルの言葉は全イスラエルに及んだ。」〈4:1a〉このようにしてくださったのは主なる神様です。今日、私たちも主によって成長し、用いて頂きましょう。

2018.10.7.       伝 道 礼 拝   

 

ヨハネ3:1‐6(P167)       「新たに生まれなければ」

 

本当の幸せとは?

▽〈1〉ニコデモは国会議員であり、ユダヤ人の教師。

〈2〉しかし、心は暗く、不安であった。だから、イエスのもとへ来た。

▽〈2〉「夜」イエスと個人的に話すため。 人目を避けて。 彼の心が闇であったことの暗示〈19-20〉。

名誉・地位・お金の豊かさが本当の幸せを保証できない。あなたは?

 

新たに生まれなければ  

▽〈2〉イエスは彼の心の中を見抜かれ、〈3〉と言われた。

胎児が母の胎内の闇の世界から、光の世界へ生まれ出るように。

▽「新しく」とは「上から」との意味もあり、神の賜物なのです。

〈4〉ニコデモは、イエスの言葉の真の意味が理解できなかった。

 

水と霊とによって

▽だからイエスは〈5〉と言われた。

彼が、主がみ業をなさる霊的領域を知る必要があった。

▽新しい誕生は、み霊による「上から」の霊的誕生です。

「聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えない」〈Ⅰコリ12:3〉。

〈6〉とあるとおりです。〈14-16〉を体験しましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 58691総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数: