2018年 6月

2018.6.17.       礼 拝

 

ルカ11:5-13(P127)       「継続は力なり」

 

イエス様は弟子たちに「祈り」を教えられました。イエス様が教えられた祈りとはどのようなものなのでしょうか。また、私たちはどのように祈るべきなのでしょうか。

 

1.何よりもまず主に祈る〈5-6〉

「こんなことを祈っても良いのだろうか」と考えることはないでしょうか。主はどのような祈りでも受け入れてくださいます。それが常識はずれのあつかましいような願いであっても聞いてくださるのです。色々と考えてしまうのではなく、何よりもまず主に祈りましょう。

 

2.諦めずに祈り続ける〈9-10〉

祈りがなかなか聞かれないと諦めてしまいそうになることがあります。そんな私たちに主は求め・探し・たたき「続ける」ようにと教えておられるのです。その時、必ず応えてくださいます。現状を見て諦めることはやめましょう。今も主はあなたのために働いてくださっているのです。

 

3.聖霊の助けを受けて祈る〈11-13〉

主は私たちに良い物を与えてくださっています。それは「聖霊」です。聖霊は私たちといつも共にいて働いてくださいます。そして、何よりも私たちが祈ることができるように助けてくださるのです。この特権を私たちは今日も受けているのです。

 

私たちが諦めずに祈り続ける時、主は必ず応えてくださいます。今、あなたが願い求めている祈りは何ですか。主に期待し祈っていきましょう。

  •  17日(日)  9:30~ ジョイフルクラス(日曜学校)  11:00~ 礼拝  14:00~ 日曜学校教師養成②
  •  18日~20日  NEW断食祈祷聖会(浜名湖)
  •  20日(水)  13:30~  19:30~ 祈祷会
  •  23日(土)  午後~ 食事準備

2018.6.10.       礼 拝

 

ゼカリヤ書11:4-14(P1491)       「売られた良い羊飼い」

 

屠られた神の民

▽〈4〉「屠るための羊=イスラエル」は、高慢になり、良い羊飼い・神に背いた〈7:11-12〉。

▽〈5〉神は民を偽りの羊飼いにまかせ、〈6〉隣人とその王の手にまかせた。

神の民が捕囚となったのは、民が良い羊飼い(神)を捨て、偽りの羊飼い(偶像)に仕えたから。かつて、私たちも神に背き、サタンに支配されていた。

 

神の恵みの二本の杖 (「好意=恵み、慈愛」・「一致=結び合わせる」)

▽〈7〉憐れみ深い神は「二本の杖」をもって、民を養い導かれた。

▽〈8・9〉民が預言者たちを退けたので、〈10〉神は「好意の杖」を折られた。

その結果、イスラエルは二分し、北はアッシリア、南はバビロンに捕囚となった。かつては、私たちも神と断絶し、「罪の奴隷」となって生活していた。

 

売られた良い羊飼い

▽〈12〉神は「羊の商人たち」に「私に賃金を支払え」と命じ、彼らは「銀30シェケル」を払った。これは、イエスが奴隷の値で売られることの預言。

▽〈13〉祭司長たちが、イスカリオテのユダに銀30枚を支払ったが、ユダがそれを返したので「陶器職人の畑」に投げ入れたことで成就〈マタ27:7〉。

〈13〉「見事な金額」は皮肉であり、神の御子に対する侮辱です。しかし、イエスは「へりくだって、十字架の死に至るまで従順」でした〈フィリ2:8〉。

  •  10日(日)  9:30~ ジョイフルクラス(日曜学校)家族の日参観  11:00~ 礼拝  聖歌隊  13:30~ 役員会  14:00~ サニーデイ・クラブ(花の日)  教区CAクロスライブ練習(御影)
  •  11日(月)  10:30~ 教区会、ろう者伝道委員会、教職継続講座(西宮)
  •  12日(火)  10:30~ 火曜礼拝
  •  13日(水)  13:30~  19:30~ 祈祷会
  •  15日(金)  19:30~ 特別祈祷  ☆枚方の祈り☆

「父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる」(マタイによる福音書5章45節)

 

梅雨の時季に雨が降り続くとうっとうしいと文句を言います。また、運動会などには晴れることを願い、日照りが続くと一雨ほしいと願う、人間とは自分勝手なものですね。

初めの聖句は、神様が信仰のある人にも信仰のない人にも分け隔てなくすべての人に太陽を昇らせ、雨を降らせてくださるお方であることを教えています。

私たちは、何か良いことをすれば良いものをもって報いてくださり、悪いことをすれば、悪いものやばちを与えられると考えます。

道端で物乞いをしている盲人を見た弟子たちが、「この人が生まれつき目が見えないのは、本人か、両親が罪を犯したからですか」との問いに、イエス様は「本人や両親が罪を犯したかたではない。神の業がこの人に現れるためである」と答えられて、この盲人の目を見えるようにされた(ヨハネによる福音書9章参照)。

地に降り注ぐ雨が一人ひとりに必要な恵みの雨であるように、イエス様は私たち一人ひとりに愛のまなざしを向け、恵みのみわざを行ってくださるお方であることを忘れないでください。

私たちは、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことはできません。イエス様は「あなたがた天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存知である。だから明日のことまで思い悩むな」と励ましてくださっています。(マタイによる福音書6章参照)数えてみよ、主の恵み。

月別のメッセージ

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 52437総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 26昨日の閲覧数: