2018年 2月

2018.2.25.       礼 拝

 

ルカ19:29-40(P147)       「神の偉大さゆえに」

 

言っておくが、もしこの人たちが黙れば、石が叫びだす〈40〉。

 

エルサレム入城

今年もイースター(4月1日)へ向けて、レントが始まりました。イエス様が十字架へ掛かられる前に、エルサレム入城の場面があります〈マタ21:1-11、マル11:1-11、ヨハ12:12-19〉。人々は救い主として来て下さった方として、【ろばの子】に乗って来られたイエス様を大歓迎します。

 

ろばの子

イエス様は「ろばの子を連れてくるように」と言われます。2人の弟子は、お言葉通りにすべてが進むことに驚きつつ従いました〈32〉。【主がお入用なのです】には、全知全能である神様の力が表されています。人々はイエス様の入城を喜び、上着を脱いでろばの背に掛け、道に敷きました。彼らはイエス様に自分たちの英雄(ローマからの開放者)として望みをかけました。

 

石が叫ぶ

弟子たちが「主の名によって…」〈38〉と叫ぶと、ファリサイ派の人々がイエス様に騒ぎを止めさせるよう注意します。しかし、イエス様は人が黙っても石が叫び出す〈40〉と言われました。神様の計画を人は知ることはできません。神様の素晴らしさを改めて知りましょう!

普通、石が叫ぶことはありません。しかし、それ程までに神への賛美がなされているのです。

 

お祈り 天にいます父なる神様、御名を崇めます!神様の偉大さを讃えます。イエス様の十字架による救いが、私たちの前にあることを感謝し、ますます信頼して生活できますように。イエス様の御名でお祈りします。アーメン

  •  25日(日)  9:30~ ジョイフルクラス(日曜学校)  10:30~ ディボーション・カフェ  11:00~ 礼拝  14:00~ JFC教師会  17:00~ 教区CAクロスライブミーティング(御影)
  •  27日~3月1日  教職研修会
  •  28日(水)  13:30~  19:30~ 祈祷会

2018.2.18.       礼 拝

 

ガラテヤ4:6(P347)       「御子の霊との交わり」

 

聖霊は御子の霊 ――聖霊は人格をもって交わってくださる

▽三位一体の神の第三位格である聖霊は、人格をもって親しく交わることができる。

▽聖霊との交わりは呼吸と同じように自然であり、「イエスご自身」を示してくださる。

あなたは聖霊が主となっておられるか。聖霊に支配されることを望んでいるか。自分の心の戸のカギを聖霊に渡しているか。〈黙3:20〉

 

イエスに夢中になる ――自分よりもイエスを愛そう

▽聖霊は、イエスの十字架・復活・昇天の後に、信徒に注がれた。

▽イエスに夢中になる時、さらにイエスのすばらしさを深く示してくださる。

あなたのイエスに対する愛に比例して、聖霊は積極的にあなたに関わり、あなたを満たし、導き、祝福してくださる。

 

みことばによって聖霊を知る ――聖書は聖霊によって書かされた

▽〈Ⅱテモ3:16〉

▽祈りをもってみことばに親しむ時〈エフェ3:18-19〉

あなたも主の前にひざまずき、聖書を開き、「主よ、お話しください。僕は聞いております」とサムエルのように、心を開き、主を待ち望みましょう。

  •  18日(日)  9:30~ ジョイフルクラス(日曜学校)  11:00~ 礼拝  手話講習  16:00~ ユース食事会
  •  21日(水)  10:30~ バイブル・タイム  13:30~  19:30~ 祈祷会
  •  24日(土)  全国ろう者聖会打ち合わせ(堺)

2018.2.11.       礼 拝

 

イザヤ40:27-31(P1125)       「主を待ち望む」

 

困難を前にした時、その事柄ばかりに目が向き、身も心も疲れきってしまいます。また、不信仰になってしまうこともあります。聖書はそんな時にこそ、主を待ち望むべきだと勧めているのです。

 

1.主は私たちの味方である

イスラエルの民たちは主に対して不平不満をつぶやきました〈27〉。私たちも「助けてください」と願い求めるもののなかなか聞かれない状況につぶやいてしまうことはないでしょうか。しかし、主はどんな状況でも「わたしの民」〈1〉と呼び、目を留め続けてくださいます。一人で頑張っているように感じる時にも主は私たちの味方なのです。

 

2.主は立ち上がらせてくださる 〈28-29〉

「力」は私たちの原動力となるものですが、一度困難が迫ってくると失われてしまいます。また、回復にも時間がかかるものです。ですが、創造主なる神様がいつも私たちを元気づけてくださるのです。そして、止まっていた所から再び立ち上がらせてくださいます。

 

3.主は新たな力を与えてくださる 〈31〉

鷲が上っていく時は、力任せに羽ばたいているのではありません。ただ上昇気流に乗って上っていくのです。これこそが主を待ち望む者の姿です。私たちは自分の力で何とかしようと努力しますが、限界にぶつかってしまいます。けれども、主が与えてくださる「聖霊」の上昇気流に乗る時、高く舞い上がっていくことができるのです。

 

自分自身の力でもがくのではなく、今日も主を待ち望み、聖霊の風の中で進む者となりましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 57540総閲覧数:
  • 66今日の閲覧数:
  • 35昨日の閲覧数: