2017年11月 第419号 「もう泣かなくともよい」

主はこの母親を見て、憐れに思い、「もう泣かなくともよい」と言われた。そして、近づいて棺に手を触れられると、担いでいる人たちは立ち止まった。イエスは、「若者よ、あなたに言う。起きなさい」と言われた。(ルカによる福音書7章13-14節)

 

その母親はやもめ

喜びに満ちてイエス様に従う群と嘆き悲しむ葬列の出合い、人生の縮図です。この母親は夫に先立たれ、頼りにしていた一人息子をも亡くしたのです。そのころ、やもめが生きてゆくのはとても大変なことでした。彼女はすべてを失い、自分も死にたいくらい絶望のどん底にいました。その時、イエス様が声をかけられたのです。

もう泣かなくともよい

イエス様は彼女を見て、憐れに思い(単なる同情ではなく、彼女の悲痛を共感し、断腸の思いをもって)、「もう泣かなくともよい」と言われました。この言葉は、イエス様が彼女に対して無限の愛をもって、彼女の苦悩の原因を解決してあげるという宣言です。それは、汚れるから触れてはいけないという律法を犯して、あえて棺に触れられたことをみても分かります。

若者よ、あなたに言う

イエス様は、棺に向かって「若者よ、あなたに言う。起きなさい」と命令し、一人息子を生き返らせて、母親にお返しになりました(同15節)。

イエス様は、神の御子としてのご栄光を現し、やもめの母親に言われたことを実現してくださったのです。

それを見た群衆は「神はその民を心にかけて(顧みて)くださった」と言って神を賛美しました(同16節)。この喜びを私たちも体験できます。

月別のメッセージ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
伝道師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 40402総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 8昨日の閲覧数: