「思いやりの心」

2013.1.12.        礼  拝

 

Ⅱコリント1:23-2:11(P236)                        「思いやりの心」

 

「わたしがまだコリントに行かずにいるのは、あなたがたへの思いやりからです。」〈1:23〉

 

パウロが初め計画〈1:15,16〉を変えて、コリントへ行かなかったので、教会の人々は誤解し、非難しました。それでパウロはその理由を説明し、次に行く時は互いに喜んで再会したのに、まだ、あなたがたが整えられていないので行かなかったと言っています〈1:23〉〈2:1-4〉。

たとえ相手が悪くても「相手の身になり」思いやる心が大切です。

 

パウロは「私は彼が何をしたか、忘れました。それが教会全体の益となることだから。」と言い、教会の人々を赦しました。

相手を「赦し力づける」思いやりの心には〈2:7〉、サタンもつけこめません〈2:11〉

 

パウロは、教会の混乱の元になっている人を忠告しました。彼は悔い改めたのですが、事情を知った他の人々は激しく彼を責めました〈2:6〉。パウロは「私は彼を赦しているのだから、あなたがたも彼を赦し、愛し、力づけるよう暖かい配慮をしてほしいと切々と訴えています〈2:4,7-8〉。

忠告は教会の成長のため必要です。赦すことは忘れることであり、「相手の成長を願い」、愛をもって忠告することこそ、真の思いやりの心です。

 

〔お祈り〕 天の父なる神様の御名を崇めます。どうか僕が相手の身になり、相手を赦し力づけ、相手の成長を助けるため。思いやりの心を与えてください。イエス様の御名によってお祈りします。 アーメン

月別のメッセージ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
伝道師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 38514総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 14昨日の閲覧数: