「エベン・エゼル」

2013.5.5.          礼  拝

 

サムエル上4:3-4(P433)       「エベン・エゼル」

 

Ⅰ.主の栄光が去る〈4章〉

長老たちは「なぜ」とたずねながら、すぐ自分で答えを出した。彼らは自分たちを敵から救うのは、神ではなく、契約の箱であるかのように言っている〈3〉。

神の箱がシロから陣営に運ばれてくると、民は大声をあげた〈5〉。しかし、戦いには負け〈10〉、神の箱は奪われ、祭司の息子たちは死に〈11〉、エリも死んだ〈18〉。

ピネハスの妻は難産で男子を産み、イカボトの名付け、「栄光は去った」と言い死ぬ〈21〉。

主の栄光が去ったのは、神の箱が奪われたからでなく、主に対する民の不従順の故。

 

Ⅱ.真の神と偶像の神〈5-6章〉

ペリシテ人は、神の箱を自分たちの神ダゴンの傍らに置いたが、翌朝ダゴンは倒れ〈5:3,4〉。さらに主は、町の人々に重くのしかかり、腫物を生じさせた〈5:6〉。

恐れたペリシテ人は、神の箱の置き場所を変えたが、その先々で腫物が広がり、人々は恐怖に包まれ、相談し、神の箱をイスラエルに返そうとする〈5:11〉。

ペリシテ人は、神の箱を雌羊に運ばせるが、それを導くのも主ご自身です〈6:12〉。

私たちが主を運ぶのではなく、主が私たちを担ってくださる。〈イザヤ46:1-4〉

 

Ⅲ.記念碑を立てる〈7章〉

イスラエルの民は、主の箱を祭司の家に運び、息子エルアザルを聖別し、主の箱を守らせ、民は皆一つとなって、主を慕い求めた〈1,2〉。 また、

サムエルは、ミツパに人を集め、偶像を取り除かせ、悔い改めさせた〈3-6〉。そして、焼き尽くす献げ物を献げ、イスラエルの救いを叫び求めた〈9〉。

彼らは、主の恵みによる勝利〈10〉を感謝して、エベン・エエルを立てた〈12〉。

私たちも信仰生活の節目節目に記念碑「助けの石」を立てよう。(詩編120:4-5)

月別のメッセージ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
伝道師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 38387総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 24昨日の閲覧数: