2021年 6月

2021.6.27.     礼 拝   

 

Ⅰコリント15:57-58(P323)     「同じ目的を持つ者として」

 

たくさんの中から一つを選んで引き上げる。その選びは神様が決められたことです。私たちは神様の選びによって暗闇から光へ招き入れられ、救われた者なのです。

1.選ばれたもの

神様は一生懸命に頑張っていることを見ていてくださるお方です。その頑張りをとても喜んでくださいます。しかし、神様は頑張った結果によって人を選ばれている訳ではありません。ただ、愛しているという神様の基準によって選ばれているのです。私たちが神様を愛する前から、私たちを愛してくださっています。

2.愛されているもの

イエス様は私たちの罪の身代わりとなって十字架で死なれましたが、三日後に死からよみがえられました。これは事実です。イエス様は罪に打ち勝って勝利されたのです。私たちは、もはや苦しみの中で生きるのではなく、勝利を喜んで生きる者へと変えられたのです。私たちは神様に愛され、覚えられているのです。

3.神様の目的

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。〈イザ43:4〉。この言葉は、クリスチャンだけに向けられている言葉ではありません。神様は私の周りにいる大切な家族や仲間たちのことも同じように愛しておられるのです。神様の目的は愛するものを救うことです。私たちの周りには私たちが愛する大切な人がいます。私たちも愛する人を救いたいと願っています。愛する人を救いたいこの目的は神様と同じ目的なのです。

まず、神様に祈りましょう。私たちの思いを神様に伝えましょう。その思いが神様の思いと同じであるならば、必ず神様が力を与えてくださいます。

  •       27日(日)  11:00~ 礼拝  (礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  誕生・受洗祈祷  JFC教師会
  •       30日(水)  祈祷会(教会に集まらず、各自で聖書を読み、祈祷課題を祈る)

2021.6.20.     礼 拝   

 

詩編96:1-3(P934)     「新しい歌」

 

信仰者たちは、旧約の時代も新約の時代も「新しい歌」を主に向かって歌いました。それは、彼らの力によってできたことではありません。主によって彼らは賛美をささげることができたのです。新しい歌は、私たちから始まるのではなく、主から始まっていきます。

1.いつも招いてくださる

賛美ができるのは、当たり前のことではありません。なぜなら、私たちは希望もないような暗闇の中を歩んでいたからです。その中から主は救い出してくださったのです。それだけではなく、主を賛美する民として礼拝へと招いてくださっているのです。救いの喜びを再確認し、心を主に向けていきましょう。

2.いつも恵みを注いでくださる

私たちの日常は良いことばかりではありません。時には、悩んだり、苦しんだりすることもあります。そこにも主の恵みはたくさんあるのです。恵みは一時的なものではありません。「見よ、新しいことをわたしは行う」〈イザ43:19〉と語られているように、主はいつも新しい恵みを注いでくださるのです。日々あふれ出る主の恵みを体験しましょう。

3.いつも力を与えてくださる

信仰者たちに委ねられている働きは、御救いの良い知らせを告げることです〈2〉。しかし、今いるところから一歩を踏み出すのは難しいことです。そんな私たちに主は力を与え、出て行く者とならせてくださいます。状況を見て諦めるのではなく、主に期待しましょう。主は私たちが一歩を踏み出した先で、必ず働いてくださいます。

主は絶えず新しいことをなしてくださいます。「新しい歌を主に向かって歌え」〈1〉という呼びかけに応答して、主に心からの賛美をささげていきましょう。

  •       20日(日)  11:00~ 礼拝  (礼拝の動画配信・CD郵送・レジュメ送付は引き続き行います)  関西YLC(オンライン)  ダニエルズ(オンライン)
  •       21日~23日  NEW断食祈祷聖会(オンライン)
  •     23日(水)  祈祷会(教会に集まらず、各自で聖書を読み、祈祷課題を祈る

2021.6.13.     礼 拝   

 

使徒言行録12:5(P236)     「祈りの教会」

 

聖霊によって誕生した教会(初代教会)は、「祈りの教会」でした。彼らの歩みの中で、祈りは欠かすことのできないものだったのです。ここに私たちの原点があります。彼らの祈りは、どのようなものだったのでしょうか。

1.どんな時にも祈った

彼らは良い状況の時だけ祈ったのではありません。ヤコブが殺され、ペトロが捕らわれるという危機的な状況でも祈ったのです。また、この祈りは、聖書に名前が書かれていない人たちから始まりました。一人ひとりの祈りこそが大切なのです。祈りは危機的な状況を打ち破る力があります〈ヤコ5:16b〉。

2.諦めずに祈り続けた

ペトロが牢から救い出されることは、あり得ないと思われることでした。その中で祈り続けるのは、難しいことです。祈りがなかなか聞かれないと私たちは諦めてしまいます。しかし、彼らは祈り続けました〈12〉。祈りを聞き、働いてくださる主に期待したのです。現状を見て諦めることはやめましょう。主は今も確かに働いてくださっているのです。

3.祈りの答えを受け取った

彼らの祈りを聞き、主はペトロを不思議な方法をもって牢から救い出してくださいました。また、主がしてくださったのは、それだけではありません。新たな前進を与えてくださったのです〈24〉。私たちが求めたり、思ったりすることを超えて働いてくださいます〈エフェ3:20〉。主がしてくださったことを感謝し、祈りの答えを受け取りましょう。

あなたの祈りが必要です。その一歩から主は素晴らしいことをしてくださいます。今日も全てを委ねて、主に祈りの手をあげていきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
主任牧師:濱崎恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 110493総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 83昨日の閲覧数: