2020年 5月 24日

2020.5.24.       礼 拝 

  

申命記1:19-33(P280)       「不信仰の原因」

 

申命記は、出エジプトした第2世代へのモーセの告別説教です。

 

敵を恐れた 〈26-28〉

▽約束の地へは11日で行けるのに、40年間も荒野をさ迷ったのは、アモリ人(ネフィリム〈創6:4〉)の子孫を恐れたからです〈28〉。

▽それは、アモリ人が背が高く自分たちよりも強そうで、堅固な城壁の町に住んでいるから、自分たちが滅ぼされると、勝手に思い込んだからです。

私たちも目の前の現実を見て、勝手に判断し、恐れないようにしよう。

 

過去の恵みを忘れた 〈30-31〉

▽〈31〉モーセは、荒れ野を旅する間、「あなたの神、主は父が子を背負うように、あなたを背負ってくださったのを見た」と過去の恵みをふり返っている。

▽民は、モーセの励ましを信じようとはしません。民はアモリ人を見て恐れたために、出エジプト後の数々の主の恵みを忘れてしまったのです。

あなたも恐れを感じたら、過去の恵みの一つ一つを思い起しましょう。

 

神の愛を疑った 〈32-33〉

▽主なる神は、不信仰な民を決して見捨てることなく、40年間、マナを与え、水を飲ませ、肉を食べさせてくださった愛の神です。 さらに

▽昼は雲の柱、夜は火の柱が民をおおい、進むべき道へと導いてくださる。神の愛を疑いますか?不信仰は神の愛を見えなくします。

困難に会う時に、信仰が試されます。何を信じ、何により頼んでいるかが明らかにされます。〈Ⅰペト1:7〉P428

月別のメッセージ

カレンダー

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 92089総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 68昨日の閲覧数: