2019年 12月 1日

イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。(マタイによる福音書1章18節)

 

クリスマスおめでとうございます。

イエス様が結婚する前の処女マリアが聖霊によって身ごもって生まれたということは、イエス様が人であると同時に神であられることを示しています。

イエス様の処女降誕は、旧約聖書の「見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ」(イザヤ7・14)の預言の成就であり、インマヌエルとは「神は我々と共におられる」という意味です(同23節)。

また「ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。権威が彼の肩にある。その名は『驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君』と唱えられる」(イザヤ9・5)とイエス様が神であることの預言です。

さらに、イエス様の聖霊による処女降誕は、イエス様が罪のない聖なるお方であることの証明です。

「しかし、時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました。それは、律法の支配下にある者を贖い出して、わたしたちを神の子となさるためでした。あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と呼ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります」(ガラテヤ4・4-6)ともあります。

私たちの救い主であるイエス様を心から喜んでお迎えするのがクリスマス(キリストの祭)です。

2019.12.1.       ウェルカム礼拝 

 

ルカによる福音書1:26-38(P100)       「神に委ねる人生」

 

私たちの人生には予期せぬ場面に遭遇することがあります。そんな時、何に頼っているでしょうか。マリアは神に委ねるという決断をしました。神に人生を委ねていく時、どのようなことが起こるのでしょうか。

 

1.どんな時も共にいてくださる

マリアは不安の中にありました。それは天使から「あなたは身ごもって男の子を産む」〈31〉と言われたからです。私たちの人生の中で、不安は当然の如くあるものです。しかし、そんな中でも「主があなたと共におられる」〈28〉のです。その不安を知り、いつも寄り添ってくださるのです。

 

2.常識を超えて働いてくださる

私たちは常識で考えてしまうところがあります。マリアも同じでした〈34〉。けれども、この後マリアは男の子を産むことになっていくのです。なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。「神にできないことは何一つない」〈37〉からです。神様は私たちの常識を超えて働いてくださいます。

 

3.新しい人生を歩ませてくださる

あなたは、いま喜んでいますか。ただ、この思いを常に持ち続けるのは不可能なことです。しかし、私たちが神に委ねていく時、変わらない喜びを握ることができるのです。それは、イエス・キリストの十字架によって与えられています。十字架こそが私たちを新しい人生へと導くのです。

 

今日、神に委ねる人生を選び取る者となりませんか。一歩踏み出して、あなたに与えられている祝福を受け取りましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

https://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 73391総閲覧数:
  • 67今日の閲覧数:
  • 28昨日の閲覧数: