聖書のメッセージ

2019.1.20.       礼 拝   

 

サムエル記上5:1-12(P435)       「逆転勝利」

 

ペリシテとの戦いに敗れ、イスラエルから神の箱が奪われてしまいました。そんな中でも主は働いておられました。私たちの信じる主なる神様はどのようなお方なのでしょうか。

 

1.自由の主〈1-5〉

主は自由を失った「弱い」存在だと見られていました。そして、ペリシテ人たちは勝利の印として神の箱を異教の神ダゴンのそばに置いたのです。しかし、次の日から状況は大きく変わっていきました。主は人の知恵や思いに左右されることなく、自由に働かれるのです。

 

2.力の主〈6-10〉

ペリシテ人たちは災いが降りかかった時、ダゴンに助けを求めることはしませんでした。それは生きて働かれる主の力を見る時に、ダゴンの無力さを知ったからです。主の栄光は失われていなかったのです。主の力強い御手は何があったとしても変わることがありません。

 

3.命の主〈11-12〉

神の箱を失ったイスラエルには諦めがあったことでしょう。主はそんな彼らのものに戻ってきてくださるのです。主の力によって「逆転勝利」が与えられるのです。戦いに敗れ、もはや死んだような存在だった彼らを主は再び生かしてくださいます。

 

主はいつでも、どこでも変わることなく働かれるお方です。今日もこのお方だけを見上げ、畏れ敬う者となりましょう。

2019.1.13.       礼 拝   

 

詩編46:1-12(p880)       「神が伴うところ」

 

「神は我らの避けどころ…我らは恐れない…♪」この箇所そのままの賛美があります。力づけられる賛美です。神様へ信頼した信仰者の姿をみます。

 

苦しい時には

人生にはいろいろな時があります。成人を迎える方々にとって明日は喜びの日でしょう。この作者は、いつも神様に信頼をおいていました〈2〉。どのような時も、共にいてくださる神様を砦としているので、「私たちは恐れない」〈3〉。

私たちも神様を避けどころとして絶対の信頼をおきましょう。

 

神の都

「神の都」〈5〉とはどこにあるのでしょうか?イスラエルの民が、安全な地へ導かれるためには多くの争いがありました。民の力の源であった神様は、いつも民と共におられました。神の都は、神様がおられる故に揺らぐことはありません〈6〉。

「神様の臨在=神様がここにおられること」が条件です。神様が不在ならば「神の都」は成り立ちません。臨在を求めましょう。

 

わたしたちの

作者は個人的な思いから、この詩を歌っているわけではありません。「私の」ではなく「私たちの」と私もあなたも受け入れましょう!「知れ。わたしは神」〈11〉。神様がご自身を言い現してくださるのですから、私たちは喜んで礼拝を捧げましょう。

神様が朝毎に恵みを与えてくださいます!

 

お祈り 天にいます父なる神様、御名を崇めます!神様と共に歩む人生を感謝します。いつも共にあって信頼し、神様の臨在を避けどころとして平安が与えられることを感謝します。イエス様の御名によって祈ります。アーメン

 

2019.1.6.       聖 餐 式 礼 拝   

 

使徒3:1-10(P217)       「私の持っているもの」

 

▽あなたが主から与えられたものは?問題は「持っていない」ことではなく、「持っているものを知らない(気づいていない)」ことにある。

 

何をどう見るか?

▽〈3〉足の不自由な人のいやしは、彼がペトロたちを「見た」ことから始まった。

▽あなたが罪から救われることは、十字架のイエスを「見つける」ことから。

あなたも「失われた人」に関心をもって、「じっと見」ましょう。

 

イエス・キリストの御名

▽〈5〉ペトロの答えは、この盲人の期待に答えるものではなかった。

▽〈6〉「ナザレの人イエス・キリストの名」こそ、すべての問題の解決のカギ。

ペトロの宣言 〈3:16〉 〈4:12〉

 

差し伸べる手

▽〈7〉盲人に差し伸べられたペトロの信仰の手。

〈8〉あなたも「失われた人」に寄り添い、共に歩みましょう。

「わたしたちは、このような宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであって、わたしたちから出たものでないことが明らかになるために」。(Ⅱコリント4章7節)

 

新年明けましておめでとうございます

今年の門真キリスト教会の標語は「私の持っているもの」です。そのことについて考えてみましょう。

ペトロとヨハネが、神殿に祈りに行くと、神殿の「美しの門」のそばで、生まれながらに足の不自由な人が物乞いをしていました。すると、ペトロはその人に「私にはお金はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」と言い、手を取って立ち上がらせ、いやしました(使徒言行録3・1~8参照)。

パウロも、自分の力によってではない偉大な神の力によって与えられた宝を自分の内に持っていると言っています。その宝とは何でしょうか。

それは、もちろんこの世のものではありません。私たち一人ひとり愛してくださっている唯一まことの神に背いて、勝手気ままに生きている罪を認め、悔い改めて、その罪をあがなうために、一人ひとりの身代わりとなって十字架にかかり、死んで葬られ、三日目に死よりよみがえってくださった、神の御子イエス・キリストを信じる人に与えられているもの、金銭では買うことのできない永遠の命(キリストの命)です。だからこそそれは宝です。

イエス様を救い主と信じるあなたも持っている宝、イエス様をペトロやヨハネのように、まだ持っていない人々にお分かちする一年としましょう。

2018.12.30.       礼 拝   

 

詩編136編(P976)       「慈しみはとこしえに」

 

詩編136編は「礼拝」がテーマとして扱われています。礼拝者全員の参加による信仰告白がなされているのです。主はどのようなことを私たちにしてくださったのでしょうか。

 

1.主の愛に感謝しよう

イスラエルの民たちの歴史は「主と共にあった」歴史と言うことができます。それは、彼らが主と共にいたのではなく、主が彼らと共にいてくださったからです。ここに主の愛があるのです。主は何があったとしても見捨てることはありません。愛をもって共に歩んでくださるのです。

 

2.主の御業に感謝しよう

主はこの世界にある全ての物を造られました。このことにどれぐらい感謝しているでしょうか。当たり前すぎてほとんど感謝していないのが実際です。しかし、私たちの当たり前は主によって与えられていることを覚えたいのです。それらによって日々私たちは支えられているのです。

 

3.主の導きに感謝しよう

案内は私たちに必要なものです。それは人生においても同様です。私たちの人生は時に頭を抱えるような出来事に遭遇します。そんな中でも主は変わらず導いてくださいます。問題を乗り越えさせてくださるのです。私たちが主の導きに従う時、そこには解決が備えられています。

 

「慈しみはとこしえに」。主は今日も働いてくださいます。この素晴らしい主に今日も明日も礼拝をささげる者となっていきましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 62389総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 48昨日の閲覧数: