「主よ、お話しください」

2018.9.23.       礼 拝   

 

サムエル記上3:1‐18(P432)       「主よ、お話しください」

 

「そのころ、主の言葉が臨むことは少なく、幻が示されることもまれであった。」〈1〉と言われる時代にあって、主は少年サムエルに働かれました。また、サムエルに働かれた主は私たちにも働かれるのです。

 

1.主は呼びかけられる

主が呼びかけられたのは、サムエルでした。常識から考えると、祭司エリを呼ばれるのが自然です。ですが、年齢や立場を見るのではなく、忠実に主に仕えている姿を主は見ておられたのです。彼はいつも主に心を向けていました。私たちもいつも主に心を向け、その呼びかけに気づく者となりましょう。

 

2.主の言葉を聞く

サムエルは自分の名前を呼ぶ声が主の声であるとは分かりませんでした。そんなサムエルにエリは「主よ、お話しください。僕は聞いております。」〈9〉と言うように助言しました。私たちはいつも主の言葉を聞くことができているでしょうか。願いを言うばかりになっていないでしょうか。何よりもまず主の言葉を聞く者となりましょう。

 

3.主の言葉を聞き、行動する

主はサムエルに言葉を与えてくださいましたが、その内容は厳しいものでした。そして、そのことをエリに伝えるのを恐れました〈15〉。私たちが主の言葉を聞き、行動することは難しいことがあります。ですが、、その言葉は確かに主から与えられたものなのです。サムエルのように、ただ聞くだけではなく、一歩踏み出して行動する者となりましょう。

 

「主よ、お話しください。僕は聞いております。」日々の生活の中で、主の言葉に耳を傾けていきましょう。サムエルのように祈り、主に応える者となりましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 60090総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 52昨日の閲覧数: