2018年 11月 4日

2018.11.4.       伝 道 礼 拝   

 

ルカ18:18-27(P144)       「欠けているもの」

 

聞いた人々が「それではだれが救われるのだろうか」と言うと〈26〉

 

人生の目的

子どもが夢を語る時、中高生が自分を語る時、社会に出る寸前の若者が未来を語る時…いつも同じ人もいれば、少しずつ違うモノをイメージするようになる。大人になると近い未来を想像する。今日の箇所で議員が語った目的「永遠の命を得る」ことは悪いものではない。しかし彼はイエス様の返答を聞いて非常に悲しんだ〈23〉。

本当に必要なものを彼は理解できなかった。

 

議員の目的

議員はどんな生活を送るのか?国や社会のために良い働きをする、頭良く、お金持ちで人望も厚い…素晴らしい人。この人がイエス様のところに来た目的は、「良いモノはすべて欲しい」という自己満足〈18〉。良いと言われることはすでに行っているという慢心〈20、21〉。しかし、イエス様の答えは受け入れ難かった〈22〉。

彼の求めた欠けとイエス様の欠けは、違うモノ。

 

人々の反応

このいきさつを見ていた人々は「だれが救われるのだろうか」〈26〉と言う。当時の一般的な価値観の中では、道徳的善が救いに結びついていた。しかし、永遠の命を受ける条件に道徳や、働きの多さに比例しない〈27〉。

神様だけが憐みのゆえに、私たちを救うことができるお方。十字架は恵み!

 

お祈り 天にいます父なる神様、御名を崇めます!私の救いのためにイエス様の十字架が必要であることを覚え、感謝します。自分の成したことに目を留めず、憐みに目を向けます。イエス様の御名によって祈ります。アーメン

月別のメッセージ

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
牧 師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 58691総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 55昨日の閲覧数: