2017年9月 第417号 「人のために命を捨てる」

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(ヨハネによる福音書15章13節)

 

立春から数えて二百十日、二百二十日は台風のシーズンと言われてきました。一九五四年九月二十六日、洞爺丸(四三三七トン)は、乗客乗員、千二百二十七名を乗せて午後六時半ごろに函館港を出航しましたが、台風によって防波堤の外側で座礁し、転覆し、死者千九十二名、行方不明八十三名という惨事となりました。

この時、二人の宣教師ディーン・リーパーとアルフレッド・ストーンが他の乗客のために自分のライフ・ジャケットを与えて自分たちは犠牲になりました。この二人の宣教師の「自分の生命を捨てる愛」を描写した小説がよく知られている三浦綾子氏の作品である「氷点」です。

この二人の宣教師は、初めのイエス様のみことばを身をもって実践したのでしょう。

イエス様は「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる」(ヨハネ10・11)と言われ、私たち一人ひとりの背信の罪を贖い赦すために十字架にかかり命を捨ててくださり、神の力によって死からよみがえられて、私たちに新しい命を備えてくださっています。

「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです」。そして「口先だけでなく、行いをもって誠実に愛し合おう」(Ⅰヨハネ3・16、18)ではありませんか。

月別のメッセージ

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
伝道師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 39070総閲覧数:
  • 13今日の閲覧数:
  • 19昨日の閲覧数: