2012.1.22. レビ記17:10-12 「命は血にある」

2012.1.22.            聖餐式礼拝

レビ記17:10-12(P189)         「命は血にある」

 

Ⅰ.血は命〈14〉

▽ 神は「誰も血を食べてはならない」と命じられた〈12〉- 聖書中400回。

▽ その理由 ①血は命であり、血を食べることは殺すことだから〈11〉。

それは(創世記9:3-6)に基づいている。

②血は人の命の贖いをするから〈11〉。旧約では、いけにえの動物

の血を祭壇に注いで、罪人の命の贖いをした。

※ 神に象(かたど)って造られた人の命を軽(かろ)んじることは、神の主権を犯す罪です。

 

Ⅱ.血は罪を贖う〈11〉

▽ 生けにえの血を神にささげることは、命を贖うために神が定められた方法であ

り、神に罪の贖いの恵みを求める唯一の方法なのです。

▽「贖う」とは、「身代金(みのしろきん)を支払う」という意味で、〈11〉は、「血が命の代金を

支払う」ということで、祭壇に注がれる血は命を贖うことの象徴です。だから

▽ この掟(おきて)を犯す者は、神の裁きを受けて、その命が断たれたのです〈10〉。

※ 血によってのみ、命の贖いと罪の赦しが与えられるのです。

 

Ⅲ.主イエスの血の力

▽ アダムが罪を犯した時、神は御子の血による人類の救いを決められた(創世記3:15)。

▽ 旧約の生けにえの血は、完全で唯一の贖いのイエスの血の象徴(ヘブライ9:18-20)。

▽ イエスは(ヨハネ6:53-56)と約束された。だから、「今や、キリスト・イエ

スに結ばれている者は、罪に定められることはありません。」〈ローマ8:1〉

※ 主の聖餐の恵みに与る時、御子イエスの尊い血を飲むことが赦されている特権

が与えられていることを心から感謝しましょう。

月別のメッセージ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
伝道師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 38428総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 14昨日の閲覧数: