2012年6月 第354号 「足を洗い合う者」

「主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。」  (ヨハネ13章14節)

 

弟子の足を洗うイエス

イエス様は、弟子たちの足を洗うことにより、ご自分の十字架の死の意味を暗示なさり、ご自身が神から遣わされた救い主であり、心を洗い潔めていただかなければ神との交わりに与り得ないことを示されました。

当時ユダヤでは来客の足を洗うことは接待の一つであり、それは僕のすることでした。その頃、弟子たちは「自分たちの中で誰が一番偉いか。」(ルカ22・24)と、言い争っていたこともあり、この日も誰一人、他の人の足を洗おうとする者はいませんでした。そんな中で、イエス様が弟子たち一人一人の足を洗われたのです。

足より汚れている所、それは人間の心です。足は洗えばきれいになりますが、心の汚れ(罪)は、いかなる修養や努力も、きよめることはできません。神の御子イエス・キリストの十字架の死による贖いを信じ受け入れた者だけが、赦され潔められて、神との交わりに与ることができるのです。

互いに足を洗い合え

人間は生来自己中心で、他人より少しでも上に立ちたいという高慢な心があり、やがてそれが、家庭や職場、社会の中に問題を起こし、その人自身の人生に不幸を招くことになります。

だから私たちは、何よりもまず、イエス様の十字架の御血によって、汚れた心を洗い潔めていただき、また、主の模範に倣い、互いに足を洗い合い、へりくだり、神と人とに仕えていく者となりたいものです。

月別のメッセージ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
伝道師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 40402総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 8昨日の閲覧数: