「契約の血」

2012.9.30.          礼  拝

 

出エジプト24:3-8(P134)     「契約の血」

 

Ⅰ.主との出会い

主は、アロンとその息子たちと70人の長老を特別に主の元に招かれた〈9-11〉。モーセは、神の掟を民に伝え、民は「すべて守る」と声を合わせ答えた〈3〉。

主との出会いを体験すると人は変わります。イエスはアンデレに「来なさい。そうすれば分かる。」と言われ〈ヨハネ1:39〉、パウロもダマスコ門外で主に会い変わった〈使徒9〉。

あなたは、主と出会い、救われて変わりましたか。古い性質、生活のままですか。

 

Ⅱ.みことばの力

モーセは民を神に近づけるため、神の掟をストレートに伝えた。それを聞いた民は、それを「すべて守る。」と誓い、自発的に契約を結びました〈7-8〉。

主のみことばは人を根本から造り変える力がある。古い性質を捨て、イエスに似た者と変えられてゆくためには、みことばが絶対に必要です(ヘブライ4:12)。

みことばは、生きて働く神の力です。みことばにより、変えられ、整えられましょう。

 

Ⅲ.契約の血 - 生か、死か

生けにえの血を祭壇に注ぐのは〈6〉、主の恵みにより、主の裁きが民を通り過ぎたことを示し、民に注ぐのは〈8〉、主の恵みにより、死から生へ移されたことを示します。

この生けにえの血は、神の恵みによる神と私たちとの契約の血であり、贖いの血。民がこの契約を守る限り、主は民の命を守り導くという約束なのです。

私たちは、イエスの十字架の血により、新しい契約の民とされているのです。

どんなことがあっても、契約の血から離れることのないように(ヘブライ13:20,21)

月別のメッセージ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
伝道師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 38514総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 14昨日の閲覧数: