「信仰の喜びの回復」

2013.3.17.          礼  拝

 

ヨシュア4:1-7(P344)       「信仰の喜びの回復」

 

Ⅰ.救いの原点に帰る〈4章〉- 12の石を立てる

契約の箱を担ぐ祭司がヨルダン川に足を入れてから〈10〉、ヨシュアの命で川を上るまで〈17,18〉、川はせき止められ、民は川の底を徒渉した〈19〉。

ギルガルに12の石を立てたのは、奇跡的にみ業による救いを記念すること強調するため。その三つの理由が〈20-22〉〈24a〉〈24b〉です。

救われた時の原点に戻り、救いの喜びを思い起こしましょう。

 

Ⅱ.救いを記念する〈5章〉- 割礼と過越祭

奇跡的ヨルダン徒渉により、周辺の王たちは恐れ、誰も攻めて来ない〈1〉。だから、主は民に割礼を命じた〈2〉。その理由は〈4,5〉と〈6,7〉です。

ギルガルの意味は「転がす」。つまり、割礼とは過去の罪が取り除かれた契約の印です〈9〉。それは私たちにとっては洗礼です。(コロサイ2:11,12)

出エジプトして41年目の正月14日夕の過越祭は〈10〉、私たちの聖餐式です。 この日にマナが止んだ〈12〉。今、私たちは「命のパン」で生かされている。(ヨハネ6:58)

受洗と聖餐に与(あずか)れる喜びを思い起こし、記念としましょう。

 

Ⅲ.主が共に戦われる〈5章〉- 抜き身の剣を持ち立つ男

約束の地に入って最初の難関、エリコの城壁を見上げ祈るエリシャの前に、いつでも戦う準備した主の軍の将軍が立っている〈13-15〉。

エリコの陥落は神のみ業〈6章〉。民が黙ってエリコを回った7日間は過越祭の期間と同じ。民は出エジプトした時のみ業は思い出したでしょう。

信仰の戦いの馳せ場を、主の十字架を仰ぎ前進しよう。(ヘブライ12:1-3)

月別のメッセージ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

facebook


わたしたちの教会は、

聖書信仰に立つ
正統的キリスト教会です。

門真キリスト教会
牧 師:前川 圭司
伝道師:濱崎 恵太
伝道師:濱崎かおり

日本アッセンブリーズ・
オブ・ゴッド教団

関西教区

http://ag-kansai.com 

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・関西教区

access counter

  • 38514総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 14昨日の閲覧数: